ルドルフ・ヴァーグナー=レゲニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルドルフ・ヴァーグナー=レゲニー
Bundesarchiv Bild 183-29589-0003, Berlin, Empfang zum 5. Jahrestag der AdK.jpg
左の人物(1955年)
基本情報
生誕 (1903-08-28) 1903年8月28日
出身地  ルーマニア
死没 (1969-09-18) 1969年9月18日(66歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

   

ルドルフ・ヴァーグナー=レゲニー[1](Rudolf Wagner-Régeny, *1903年8月28日 トランシルヴァニア地方*レギン英語版1969年9月18日 ベルリン)は旧東ドイツ作曲家。トランシルヴァニア系ザクセン人として現在のルーマニア北部に生まれ、レゲニーとは生地レギンにちなんでいる。民族の坩堝というべきトランシルヴァニア地方に生まれたため、1930年ドイツ国籍を取得するまでに2度国籍が変わっており、1918年まではハンガリー王国国籍、1919年以降はルーマニア国籍であった。

経歴[編集]

ベルリンジークフリート・オックスフランツ・シュレーカーに作曲を師事。1930年代1940年代にフリーランスのオペラ作曲家として活動したが、しかしながらバレエ音楽によって有名になった。その後ロストック高等音楽学校教員(講師)を務め、1950年よりベルリン国立高等音楽学校の教授に就任した。

ベルリンにある作曲家の墓

主要作品一覧[編集]

  • Das Bergwerk zu Falun
  • Prometheus
  • Genesis
  • Die Fabel vom seligen Schlächtermeister
  • Der Günstling
  • Die Bürger von Calais

脚注[編集]

  1. ^ またはヴァグナー=レゲニーとも日本語表記される