ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ

ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネLudovico (Luigi) I di Borbone, 1773年8月5日 - 1803年5月27日)は、2代続いたエトルリアの初代。パルマフェルディナンドと、神聖ローマ皇帝フランツ1世マリア・テレジアの娘マリーア・アマーリアの息子である。

1795年8月25日マドリードにて、スペインカルロス4世マリア・ルイサ・デ・パルマ(パルマ公フィリッポの娘)の娘で従妹のマリーア・ルイーザと結婚し、スペイン親王(インファンテ)となった。この結婚により2人の子、カルロ・ルドヴィーコ(Carlo Ludovico)とマリーア・ルイーザ・カルロッタ(Maria Luisa Carlotta, 1802年-1857年)が生まれた。

1800年ナポレオン・ボナパルトパルマ公国を征服した際、トスカーナ大公国を基に1801年3月21日に建てられたエトルリア王国をブルボン=パルマ家へ代償として与えたが、この時「リヴォルノ伯」という偽名でフランスをお忍び旅行中であったルドヴィーコはパリで戴冠し、同年4月12日に首都とされたフィレンツェに入った。

あまり健康でなく、てんかんに苦しんでいたとされるルドヴィーコは、1803年にわずか30歳で死亡し、息子カルロ・ルドヴィーコが母の摂政の下で王位を継いだ。

先代:
エトルリア
1801年 - 1803年
次代:
カルロ・ルドヴィーコ

今日は何の日(2月25日

もっと見る

「ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ」のQ&A