ルネ・クルヴェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルネ・クルヴェル(1926)

ルネ・クルヴェルRené Crevelフランス語: [kʁəvɛl] ; 1900年8月10日 - 1935年6月18日)はフランスの作家、詩人。ダダイスムシュルレアリスムに参加。

生涯[編集]

ルネ・クルヴェルはパリでブルジョア階級の家族に生まれ、カトリックの教育を受けた。父親はクルヴェルが14歳のときに自殺した[1]ソルボンヌ大学で文学と法律を学ぶ。アンドレ・ブルトンと出会い、1921年にシュルレアリスムに参加。1927年にフランス共産党に入党、1933年に除名された[1]

1925年に小説『ぼくの肉体とぼく』を発表。 1926年に結核と診断され、たびたびサナトリウムに滞在して手術や薬物治療を受けた。アンドレ・ブルトンに忠実であり続けた彼は、共産主義者とシュルレアリストの連携に尽力[2]

1935年6月18日、第1回文化擁護国際作家会議フランス語版開催の直前にガス自殺した[3]。直前にブルトンがイリヤ・エレンブルグと対立し、同会議から除名された。 サルバドール・ダリによると、「シュルレアリスムの中で唯一の真面目な共産主義者」だったクルヴェルは他の代表にシュルレアリストの除名を取り消すよう説得しようとしたが、無駄であったという[4]。また、この頃、結核を再発していることを知ったという(Claude Courtot [5] )。彼は「私の身体を火葬にしてください。嫌悪していますから」と書き残していた[3]

1925年に刊行された『シュルレアリスム革命』第2号で、クルヴェルは、「自殺の理由として愛、恐怖、梅毒などを挙げるけれど、それは違う。・・・自殺をする人は、あまりにも激しい感情に襲われたときに、これに打ち勝たなければならないという、ほとんど誰もが持っている臆病さ・卑怯さをまったく持ち合わせていないのだ。・・・この真実の感情があるからこそ、おそらく最も正しく最終的な解決策として自殺を選ぶのだ」と書いている[6]

著書[編集]

ルネ・クルヴェル著『パウル・クレー
  • 1924 : Détours
  • 1925 : Mon corps et moi -『ぼくの肉体とぼく』三好郁朗訳、雪華社、1985年。
  • 1926 : La Mort difficile
  • 1927 : Babylone
  • 1928 : L'Esprit contre la raison
  • 1929 : Êtes-vous fous ? -『おまえたちは狂人か』鈴木大悟訳、風濤社(シュルレアリスムの本棚)、2016年。
  • 1930 : Renée Sintenis
  • 1930 : Paul Klee
  • 1931 : Dalí ou l'anti-obscurantisme
  • 1932 : Le Clavecin de Diderot
  • 1933 : Les Pieds dans le plat
  • 1934 : Le Roman cassé et derniers écrits

参照資料[編集]

  1. ^ a b CREVEL René - Maitron”. maitron-en-ligne.univ-paris1.fr. 2019年9月24日閲覧。
  2. ^ Renee Winegarten, "The golden boy of Surrealism: On René Crevel", The New Criterion, February 1987, Archived copy”. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月26日閲覧。
  3. ^ a b ミシェル・ヴィノック『知識人の時代 ― バレス/ジッド/サルトル』塚原史立花英裕、築山和也、久保昭博訳、紀伊國屋書店、2007年。
  4. ^ Crevel, René (1932). Le Clavecin de Diderot. Paris: Éditions Surréalistes. p. 161, "Afterword". 
  5. ^ Crevel, René (1932). Le Clavecin de Diderot. Paris: Éditions Surréalistes. p. 162, "Afterword". 
  6. ^ René Crevel” (フランス語). republique-des-lettres.com. 2019年9月24日閲覧。