ルネ2世 (エルブフ侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ルネ2世・ド・ロレーヌ=ギーズ
René II de Lorraine-Guise
エルブフ侯
在位 1554年 - 1566年

出生 (1536-08-14) 1536年8月14日
Bannière de France style 1500.svg フランス王国、ジョアンヴィル
死去 (1566-12-14) 1566年12月14日(30歳没)
Bannière de France style 1500.svg フランス王国ムーラン
配偶者 アルクール女伯ルイーズ・ド・リュー
子女 マリー
シャルル
家名 ギーズ家
父親 ギーズ公クロード1世
母親 アントワネット・ド・ブルボン=ヴァンドーム
テンプレートを表示
エルブフ侯の紋章

ルネ2世・ド・ロレーヌ=ギーズ(René II de Lorraine-Guise, 1536年8月14日 - 1566年12月14日)は、フランスの貴族。フランスの上級貴族ギーズ公爵家の一員で、エルブフ侯爵(1550年 - 1566年)。スコットランドジェームズ5世マリー、ギーズ公フランソワ、ロレーヌ枢機卿シャルル、オマール公クロード2世の弟。

生涯[編集]

ギーズ公及びオマール公クロード1世とヴァンドーム伯フランソワの娘であるアントワネット・ド・ブルボンの間の末息子として生まれた[1]

長姉マリーが王妃となっていたスコットランドの大使を務めた。

1555年2月3日にアルクール女伯ルイーズ・ド・リュー(1531年 - 1570年頃)と結婚し、間に1男1女の子女をもうけた。

  • マリー(1555年 - 1605年頃) - 1576年、オマール公シャルル1世と結婚
  • シャルル(1556年 - 1605年) - エルブフ公

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Miroslav Marek (2005年3月30日). “René, Duc de Elboeuf”. [1]. 2012年4月8日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]