ルノー・RE60

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ルノー・RE60
ルノー・RE60B
Renault RE60.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ルノー
デザイナー ベルナール・デュド
ジャン=クロード・ミジョー
先代 RE50
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) フォーク / スプリング
サスペンション(後) フォーク / スプリング
トレッド 前:1,800 mm (71 in)
後:1,650 mm (65 in)
ホイールベース 2,800 mm (110 in)
エンジン ルノー・ゴルディーニ EF4B / EF15, 1,494 cc (91.2 cu in), 90° V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド / ルノー, 5速 MT
重量 540 kg (1,200 lb)
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム エキップ・ルノー エルフ
ドライバー 15. フランスの旗 パトリック・タンベイ
16. イギリスの旗 デレック・ワーウィック
14. フランスの旗 フランソワ・エスノー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1985年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

ルノー・RE60 (Renault RE60) はルノー・スポール1985年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはベルナール・デュドとジャン=クロード・ミジョー。改良型のRE60Bはフランスグランプリから投入されたが、良い結果を残すことはできなかった。前年に引き続いてパトリック・タンベイデレック・ワーウィックがドライブし、最高成績はタンベイによる第2戦ポルトガルと第3戦サンマリノでの3位。ルノーはF1チームへの資金提供が市販車の技術開発に何ら寄与していないことと、レースでの敗北が悪い宣伝になるとしてこの年限りで参戦停止を決定した。

開発[編集]

RE60はRE50の進化型で、その成績はタンベイによる表彰台が2回と、他チームに先駆けてターボエンジンを開発してきたルノーにとって1977年以来最低の成績しか残せなかった。ルノーチームとそのターボエンジンは着実に開発が進み成功したが、コンストラクターでもドライバーでもタイトルを獲ることはできなかった。

ルノーの主任エンジニア、ミシェル・テツと主要人物4名がチームを去り、チーム全体の雇用構造はシャッフルされていた。これはルノーチームにとって災難であった。リオデジャネイロのジャカレパグアサーキットでシーズン前に行われたテストで、ワーウィックのドライブによって問題が判明した。RE60はRE50よりも3.5秒も遅く、ワーウィックは後に「ドライブすることは不可能」と記した[2]

1985年はルノーのファクトリーチームにとって第1期挑戦の最終年となった。ルノーは後にV10自然吸気エンジンの供給で成功、2001年末にベネトン・フォーミュラを買収、改名して翌年からファクトリーとして2度目の参戦を果たす。

1985年シーズンにルノーV6エンジンを使用した4チームの内、ファクトリーチームはロータスリジェに後れを取った。ロータスはコンストラクターズ4位、3勝を挙げて71ポイントを獲得した。2勝はアイルトン・セナ、もう1勝はエリオ・デ・アンジェリスによるものであった。リジェはコンストラクターズ6位、ファクトリーを7ポイント上回る23ポイントを挙げた。シーズン中盤からルノーエンジンを使用したティレルは3ポイントを獲得した。

デレック・ワーウィックにとって、ルノーとの最初の契約は1984年のことであった。この年ホンダエンジンを使用するウィリアムズが彼にアプローチを取った。ウィリアムズはリジェに移籍したジャック・ラフィットの代役としてワーウィックに白羽の矢を立てたのであった。ウィリアムズの勝利はダラスにおけるケケ・ロズベルグのみであり、ワーウィックはルノーを選択し1985年の再契約を交わした。ウィリアムズは最終的にナイジェル・マンセルを選択した。果たして1985年、ホンダエンジンを搭載するウィリアムズ・FW10は4勝を挙げ、ワーウィックは後悔することとなった。マンセルの挙げた2勝は彼の初勝利も含まれた。2勝目の南アフリカグランプリ南アフリカアパルトヘイト政策に対するフランス政府の抗議としてフランス系F1チームがボイコットした。

マンセルはその後31勝を記録し、1992年にはドライバーズタイトルも獲得した。一方ワーウィックは1勝も挙げることができず、真に競争力のある車をドライブすることもできなかった。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1985年 エキップ・ルノー エルフ ルノー・ゴルディーニ EF4B / EF15
V6 tc
G BRA
ブラジルの旗
POR
ポルトガルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
EUR
イギリスの旗
RSA
南アフリカの旗
AUS
オーストラリアの旗
16 7位
フランスの旗 パトリック・タンベイ 5 3 3 Ret 7 Ret 6 Ret Ret 10 Ret 7 Ret 12 Ret
イギリスの旗 デレック・ワーウィック 10 7 10 5 Ret Ret 7 5 Ret Ret Ret Ret 6 Ret Ret
フランスの旗 フランソワ・エスノー Ret
  • 南アフリカのアパルトヘイト政策に対する国際圧力に従って、エキップ・ルノー エルフは1985年南アフリカグランプリをボイコットした。ルノーのボイコットは、フランス政府の南アフリカに対する制裁の一環であった。

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 ・ Renault RE60”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ https://soundcloud.com/motor-sport-magazine