ルパン三世 1$マネーウォーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ルパン三世 1$マネーウォーズ』(ルパンさんせい ワンダラーマネーウォーズ)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第12作[1]2000年7月28日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』にて放送された。視聴率は19.7%。

概要[編集]

ナポレオンレーニンヒトラーなど世界の歴史的指導者の手から手へ渡り歩き、それを手に入れたものは「世界の王」になれるといわれている「幸運のブローチ」をめぐって、ルパンと投資銀行頭取シンシアとの争奪戦が展開する。作品の舞台は放送当時ITバブルに沸くアメリカが中心で、ルパンがノートパソコンにインストールした古代文字の翻訳ソフトを使用したり、悪役の女性が新興の投資銀行の社長だったりするなど、時代の世相を反映している。また、戦闘も悪役ではなく傭兵が主体で、タイトル通り経済戦による武力を彷彿とさせている。

本作はセル作画・フィルム撮影で制作された最後の作品であり、20世紀における最後のルパン三世のアニメ作品でもある。

劇中の冒頭では、ルパンは競売の会場から逃亡する際、会場にいた参加者全員に自分の顔のマスクを被せ「ルパン三世 (TV第1シリーズ)」の19話「どっちか勝つか三代目」のオマージュに近い演出が行われている。またそのマスクはTVシリーズから劇場映画に至るまで、様々なデザインの物が使用されていた。

本作のゲストマドンナキャラクターは事実上2名体制となっており、一方はTVスペシャルで比較的登場する少女タイプ、もう一方は敵役の頭取かつ大人の女性であり、ルパンに恋心を抱く微妙な心境が描かれている。

前半では、飛行機に変形できるスバル360が登場し、オープニングのカーチェイスや、その後の尾行などに使用されたが、ドアの開き方は実車とは異なっている(実車の場合、ドアの蝶番は後部にあるが、ルパンのものは前部に付いていた)。

5年ぶりに柏原寛司が脚本を手がけた。殿勝秀樹は監督としては初登板。また今回から撮影監督の長谷川肇が降板している。

制作会社が現在のトムス・エンタテインメントに社名変更してから最初の『ルパン三世』のアニメ作品でもある。

これまで監督やデザインの変更はあれど、中核の作画スタッフ、撮影、編集、録音、音楽、選曲、音響、動画検査、色指定、特殊効果にいたるまで、1977年度の『TV第2シリーズ』、もしくは1989年のTVスペシャル『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』から、ほぼ変わらないスタッフで手がけてきていたが、この作品以降からスタッフが流動的になる。

あらすじ[編集]

1カラットもない安物の指輪「マルケスの記念指輪」がニューヨークオークション会場に出品される。オークショニアーも期待していない中、一人の紳士と電話を通して入札する謎の人物との激しい競り争いになり、最終的に紳士が百万ドル入札したところで、電話の人物が百万と1ドルで競り勝つ。そこにルパンがオークションに現れるという情報を得て会場にやってきた銭形警部が現れる。警部は紳士の正体がルパンだとすぐに見抜くが、ルパンは煙幕を用いた上に指輪を奪い現場から逃亡する。ところが、駐車場にて指輪を狙う謎の男たちに襲われ、命からがら逃げ出すものの指輪は横取りされてしまう。

場末のバーにてルパンは次元大介と落ち合い、指輪はそのバーの歌手で、将来に歌手として成功を夢見るサンディにプレゼントするものだったと明かす。しかし、それは自分たちを見張っている者たちへ指輪の秘密に気づいていないと思わせるためのブラフであった。ルパンは次元に指輪の正体が歴史上様々な独裁者の手に渡った「幸運のブローチ」と呼ばれるお宝を発見するためのものだと教える。ブローチは第二次世界大戦直後の混乱の中で行方不明となっていたが、実はその謂われを知るリック・フィッシュバーンという歴史学者が隠してしまったという。そしてルパンたちは、その自分たちの様子を監視していた謎の男の後を尾行し、急成長著しい世界的な投資銀行「バンク・オブ・ワールド」が黒幕だと知る。オークションの電話の人物かつ指輪を狙っていたのは頭取の若き女傑シンシアであり、ルパンを襲ったのは彼女に雇われた元スペツナズのアレクセイ・ナビコフであった。ルパンは指輪の秘密を知らなかったと報告するナビコフに対し、シンシアはルパンが自分たちを見張っていることにすぐに気づく。銭形を利用してルパンを迎え撃とうとするが、石川五エ門も加えたルパン一味は、銀行の金庫室を正面から破り、指輪を再度奪い出す。その上で、ルパンはシンシアを人質に取り、屋上へと脱出する。先手を打ったナビコフとその部下たちに追い込まれる中で、ルパンはヘリコプターを奪い、最後にシンシアに別れの口づけを行い、ビルから離脱する。しかし、指輪よりも愛するシンシアの唇を奪ったことに許せないナビコフは狙撃によってルパンの左胸を撃ち抜き、そのままルパンはヘリより転落し、葬儀中の教会に落ちる。間もなくナビコフもやってきて落下したルパンの死体を確認し、指輪を取り返してその場を去る。

ルパンの死を悲しむ銭形はICPOに辞表を提出する。一方、次元と五エ門、そしてバンク・オブ・ワールドの投資詐欺で巨額の財産を失った峰不二子は、ルパンの敵討ちとしてナビコフを殺そうとする。しかし、ナビコフはルパン残党を狩るためにあえて待ち受けており、3人は追い込まれてしまう。身動きできない中、時限爆弾がセットされてナビコフは撤退するが、そこに謎の男が現れ、次元らを助け出して脱出する。男の正体は実は生きていたルパンであった。ルパンは「幸運のブローチ」を手に入れ、また「バンク・オブ・ワールド」に報復するとして中南米の小国カリ島へと向かう。

まだ未開発の大きな海底油田が眠っていると言われるカリ島は石油で一山当てようという者たちが集まる島であった。実はサンディの故郷でもあり、ルパンたちと時を同じくして帰郷し、地元のバーの歌手となっていた。一方、ルパンらに先立ってシンシアはスイスを訪れ、指輪を加工した職人の息子である時計屋に会いに行っていた。そこで指輪に密かに刻まれていた暗号文章を知り、謝礼として小切手を渡す。ところが店主はルパンの変装であり、ルパンもまた暗号を手に入れる。再びシーンはカリ島に戻り、ルパンは「バンク・オブ・ワールド」を出し抜くためとして、一攫千金を夢見て50年に渡り掘り続けるもまったく油が出ない「リッチマン石油」を格安で買い取る。そして油が出たという近隣の油田から密かにバイパスを設けて、それを掠め取り、あたかも油田を掘り当てたかのように見せかける。情報を聞きつけ世界中の投資企業がルパン達から油田の利権を買おうとする中、そこには「バンク・オブ・ワールド」もいた。また、ルパンは並行して古代マヤ文字で書かれた暗号の謎を解こうとし、やがてブローチの場所は、現在は国立病院となっている旧フィッシュバーン邸のベッドルームだと知る。

一方、シンシアの目的はカリ島の軍部と手を結んで他の産油国と共に世界中で戦争の火の手を上げ、それによる世界混乱を利用して大規模な経済的収益を挙げることであった。そのためには莫大な石油と、独裁者に成功をもたらすというブローチが必要であった。シンシアは直接「リッチマン石油」を訪れ、不二子と交渉して1000億ドルを提示する。その場にそのままルパンも現れ、生きていたことに驚く彼女に対し、ルパンは今夜中に代金を支払ってくれれば見つけたブローチも渡すと約束し、2人は握手する。シンシアが去った後、不二子は女性の勘として彼女はルパンを好きになっている、とルパンに指摘する。

ルパンはブローチを手に入れるため次元と共に夜の病院へと潜入する。一方、ルパンが生きていること知り、今度こそ殺したいナビコフも部下を従えて彼らの後を追い、病院に突入する。ルパンたちが手術室で念願のブローチを見つけたのもつかの間、ナビコフらの襲撃を受け、逃走劇が始まる。途中、隣接する軍事基地に突入してしまうなどするが、ブローチの効果か幸運なことが起き、敵の追撃を上手く回避していく。戦争物資が収められた倉庫に向かう中で、五エ門も助太刀に現れ、ナビコフの部下たちはほぼ全滅する。倉庫の中でナビコフはルパンらを追い詰めたつもりになるが、ルパンは物資に火をつけ、爆発に紛れて倉庫から脱出する。爆発で重傷を負ったナビコフはまだ生きており、今度こそルパンを殺そうとするが崩落した倉庫の壁で圧死する。ルパンらはやはりブローチの効果なのか助かる。

シンシアはルパンに出し抜かれたことに気づくが、遅く軍部は物資が焼失したために軍事作戦は無理だと伝えてくる。悲嘆に暮れてホテルに戻ってくるが、今度はクレジットカードが使えなくなっていることに気づく。ホテルのロビーに併設されたバーにはルパンが待っており、シンシアに声を掛ける。ルパンは、彼女が時計屋に支払った小切手を基に不正に金を引き出しために、既に彼女の多額の貯金はないと教える。シンシアは自分がとある独裁国家の独裁者の娘であったことを明かし、幼少時に革命で亡くなった父が探していたブローチが欲しかったという。最後にルパンは水の入ったコップにコインを入れるゲームで自分に勝てばブローチは渡すと提案するが、彼女はゲームに負ける。ホテルを去ろうとするルパンを背後から拳銃で撃とうとするシンシアだが、ルパンが不意に投げた1ドルコインは撃鉄に挟まり不発に終わる。そこにICPOに復職した銭形が現れ、既に拘束命令が出ていたシンシアを逮捕する。

ニューヨークに戻ってきたルパン一味であったが1000億ドルは不二子に持ち逃げされ、また無一文に戻っていた。次元は今回の成果であるブローチはどうしたかと尋ねると、タイムズスクエアの電光掲示板に、歌手として成功を収めたサンディが映っており、その胸にはあのブローチが輝いていた。そこにまた落ちぶれた不二子が現れ株式投資に失敗して1000億ドルは失ってしまったという。そこにさらに銭形が現れ、ルパン一味を逮捕しようとするが、逃げられるシーンで物語は終わる。

登場人物[編集]

レギュラー[編集]

ルパン三世
世界的な大泥棒。今回は数々の独裁者を成功に導いたという「幸運のブローチ」を狙う。
次元大介
ルパンの相棒。今作の前半ではナビコフに愛銃のマグナムを奪われてしまい、慣れない拳銃で苦戦する様子を見せる。
石川五エ門
ルパンの仲間。今作では怪しげな仏教系新興宗教の女宣教師に入れ込み、浄財として金が入用のため、ルパンに協力する。
峰不二子
ルパンの仲間。序盤では泥棒稼業は古いと言って投資で財産を増やそうとし、ルパンの協力要請を断る。BOWの投資詐欺に引っかかって8000万ドル(当時換算で約90億円)の損失を被り、中盤からルパン一味に合流する。
銭形警部
ルパンを追うICPOの刑事。前半でルパンの死を受けてICPOを辞職してしまう。すぐに生きていることを知り後を追ってカリ島に入るが、復職手続きを忘れており、ICPOのバックアップがない中で、最後は国家警察に捕まってしまう。

ゲスト[編集]

シンシア・F・クレイモフ
本作の敵であり、ゲストヒロイン。巨大投資銀行「BOW(バンク・オブ・ワールド)」頭取。
急成長中の巨大投資銀行のトップである若き女傑。「マルケスの記念指輪」の秘密を知っており、手に入れようとする。とある1ドルコインを肌見放さず持っている。
実は某国の独裁者の娘で、幼少時に革命が起こり、脱出時に目の前で父は暗殺されている。父が探していた「幸運のブローチ」を手に入れ、国際経済の独裁者になることを目標に生きていた。また、1ドルコインも父の形見であった。
アレクセイ・ナビコフ
シンシアに雇われている傭兵。旧ソ連KGB局員、元スペツナズ
個人の戦闘能力ほか、部隊指揮能力も高い男。シンシアの命令を受けて「マルケスの記念指輪」を手に入れようとする。当初はあくまでビジネスとしてルパン一味と相対していたが、シンシアに惚れ込んでおり(シンシアはその気はない)、物語前半で彼女の唇を奪ったルパンを強く憎み、殺そうとする。
ギルバート
BOWの役員で関連ヘッジファンドの代表。シンシアの側近。
物語前半にシンシアが行う出資詐欺の表向きの責任者の男。とある小国が発行したプリンス債と呼ばれるジャンク債で多額の出資を集めた後、わざと政変を起こして出資金を騙し取る。ギルバート自身は逮捕されるが、出資金はすべてシンシアが持ち出して逮捕を免れており、また彼女によれば彼が収監されるのは待遇の良い刑務所で、出所後の生活も保証されているという。
サンディ・フィッシュバーン
本作のゲストヒロイン。場末のバーの若い歌手。
ラテン系の若い美人。いずれ成功を夢見ている歌手であり、ルパンからもいずれ成功すると太鼓判を押されている。序盤ではルパンが指輪を狙った目的は彼女にプレゼントするためであった。
実はカリ島の出身であり、中盤でフィッシュバーンのファミリーネームが明かされ、リック・フィッシュバーンの孫だった。
リック・フィッシュバーン
歴史学者。故人。
カリ島の名家出身の男。第二次世界大戦直後、偶然から「幸運のブローチ」を手に入れ、その忌まわしい来歴から封印することを決める。その隠し場所を示すものとして「マルケスの記念指輪」を残す。

用語[編集]

幸運のブローチ
これまでにナポレオンレーニンヒトラーといった権力者の手を渡り歩き、手にした者を世界の王にするといわれるブローチ。羽を広げた鳥の形をしており、無数の宝石が散りばめられている。歴史学者リック・フィッシュバーンが偶然入手し、2度と独裁者が出ないよう願ってどこかに封印した。
本アイテムは後年制作されたOVA『ルパン三世 GREEN vs RED』にも登場した。
マルケスの記念指輪
見た目は1カラットもない安物の指輪であるが、その宝石部分には幸運のブローチの在りかが記されている。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社インプレス (2010年1月20日). “VAP、「ルパン三世」TVスペシャル21作品をBD-BOX化” (日本語). AV Watch. 2019年11月2日閲覧。