ルパート・ホラース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルパート・ホラース
Hollausgrave (retouched).jpg
トライセンにあるホラースの墓
グランプリでの経歴
国籍  オーストリア
活動期間 1953 - 1954
チーム NSU
レース数 11
チャンピオン 125cc - 1954
優勝回数 5
表彰台回数 10
通算獲得ポイント 63
ポールポジション回数 0
ファステストラップ回数 5
初グランプリ 1953 250cc ドイツ
初勝利 1954 125cc マン島
最終勝利 1954 250cc スイス
最終グランプリ 1954 250cc スイス
テンプレートを表示

ルパート・ホラースRupert Hollaus、1931年9月4日 - 1954年9月11日)はオーストリアのトライセン出身のオートバイレーサー1954年ロードレース世界選手権125ccクラスチャンピオンである。

略歴[編集]

ホラースは1953年NSUのマシンでロードレース世界選手権への参戦を開始した。

参戦2年目の1954年シーズン、ホラースは開幕から4連勝という圧倒的な速さで125ccクラスのチャンピオンシップをリードしていた。ところがモンツァ・サーキットで行われた第5戦イタリアGPの予選で、ホラースは事故死してしまう[1]。この時点で十分なリードを築いていたホラースに他のライダーが残り2戦で追いつくことはできず、ホラースは死後にこの年のタイトルを獲得した。また250ccクラスでも、NSUのチームメイトであるヴェルナー・ハースに次ぐランキング2位となった 葬儀はオーストリアの国葬であり、当時の新聞には 彼は自国の栄誉を高らかに歌い続けている時天に召されたとある[2][3]

ロードレース世界選手権での戦績[編集]

1950年から1968年までのポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 ポイント 順位 勝利数
1953 125cc NSU IOM
-
NED
-
GER
-
ULS
-
ITA
-
SPA
3
4 9位 0
250cc モト・グッツィ IOM
-
NED
-
GER
6
ULS
-
SUI
-
ITA
-
SPA
-
1 15位 0
1954 125cc NSU IOM
1
ULS
1
NED
1
GER
1
ITA
-
SPA
-
32 1位 4
250cc NSU FRA
3
IOM
2
ULS
-
NED
2
GER
2
SUI
1
ITA
-
26 2位 1

脚注[編集]

先代:
ヴェルナー・ハース
125ccクラス世界チャンピオン
1954
次代:
カルロ・ウビアリ