ルベッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルベッツ(The Rubettes)
ジャンル ロック、ポップス
活動期間 1973年10月 -
レーベル ポリドール・レコード、ステート・レコード
共同作業者 ウェイン・ビッカートン、トニー・ワディントン

ルベッツ(The Rubettes)は、1974年にデビューしたイギリスバンド。「シュガー・ベイビー・ラヴ」の大ヒットで知られる。1970年代当時の日本語表記は「ルーベッツ」であった。

解説[編集]

数名のスタジオ・ミュージシャンを中心に1973年に結成[1]

シュガー・ベイビー・ラヴ」など数曲がヨーロッパでヒット。アメリカでは「シュガー・ベイビー・ラヴ」の37位以外トップ100入りはなかった。

1979年に活動停止[2]。ドイツのプロモーターの要請[3]で1982年に再編成してヨーロッパを中心に活動再開[2]

1989年にベースのミック・クラークが脱退[2]。1990年代はベースにトレバー・ホリデー(Trevor Holiday)やマンフレッド・マンズ・アース・バンドスティーブ・キンチ英語版を起用する。

リードボーカルの変更[編集]

デビューシングル「シュガー・ベイビー・ラヴ」のボーカルはその後の活動に参加せず脱退したポール・ダ・ヴィンチによって録音された。彼のボーカルトラックがプロデューサーなどによって大好評であったためAB面共に別のボーカルで録り直すことなく発売された。 その後のライブやテレビ出演の際は、ジョン・リチャードソンの紹介のもと新加入したアラン・ウィリアムスによって歌われた。 2番目のシングルとなる「トゥナイト」からアランのボーカルで発売された。(同曲もポールが録音済みであった)

分裂[編集]

1990年代後半にグループは分裂。法廷闘争の末、2002年に裁判所が双方に「The Rubettes」の使用を認めたため、以降は「The Rubettes Featuring Alan Williams」と「The Rubettes Featuring Bill Hurd」として活動を継続した[2]

45周年記念ツアーを目前にした2019年2月[4]、アラン組からジョン・リチャードソン、ミック・クラーク、スティーブ・イーサリントンが脱退(ジョンの声明では解散)、新たに3人で「ルベッツ」として活動を開始し、3月にSobel Nation Recordsから新曲を発表[5]。アランは新メンバーを加え、ツアーを敢行した。

メンバー[編集]

結成メンバー[編集]

  • ポール・ダ・ヴィンチ(Paul Da Vinci) - 初代ボーカル。「シュガー・ベイビー・ラヴ」のリードボーカルを担当。同曲の録音後、別のレコード会社(ペニー・ファーシング)と契約をしたため脱退。
  • ビル・ハード - キーボード。(プロフィールは後述)
  • ミック・クラーク - (Mick Clarke, 1946年8月10日 - ) - ベースギター、ボーカル、パーカッション、ハーモニカ。解散後はスタジオ・ミュージシャンとして活動。グリムズビー生まれ、ダゲナム育ち。「The Teens」「ザ・トレメローズ」「ザ・シンボルズ英語版」に参加。エセックスのパブで演奏していたときにジョンと出会いルベッツに参加[6]。1990年に脱退。エルトン・ジョン、クリフ・リチャードらと仕事をする[6]
  • ジョン・リチャードソン - (John Richardson, 1947年5月3日 - ) - ドラムス、ギター、ハーモニカ、ボーカル。エセックス州サウス・オッケンドン出身[7]。16歳でドラムを始め、バンド活動を行う。その後、アランのバンド「Medium」やアランとのデュオ「Baskin & Copperfield」として活動。また、スタジオ・ミュージシャンとしても活躍した。(主な参加曲はカール・ダグラス吼えろ! ドラゴン」、バリー・ブルー英語版ダンスでごきげん英語版」、ステファニー・デ・サイクス英語版「Born With A Smile On My Face」など)。ルベッツでは曲作りにも多く携わった。1983年の脱退後は代替医療や東洋医学の仕事に専念。2000年に復帰。
  • トニー・ソープ(Tony Thorpe,1947年7月20日 - ) - ギター、ドラムス、ピアノ、ボーカル。1978年脱退。
  • ピーター・アーニセン(Peter Arnesen,1947年8月25日 - ) - キーボード。デビュー後間もなくして脱退[3]

The Rubettes Featuring Alan Williams[編集]

The Rubettes Featuring Alan Williams 2013年

※2000年頃から活動。2019年2月に再分裂。

  • アラン・ウィリアムズ(Alan Williams, 1950年12月22日 - ) - 2代目ボーカル、ギター。ほとんどの曲でリードボーカルを担当する。解散後はソロ活動。ハートフォードシャー州ウェリン・ガーデン・シティ出身[8]。15歳でギターを始め、18歳でバンド「Medium」の中心メンバーとしてヨーロッパツアーを行い、帰国後にジョン・リチャードソンと知り合う[8]
  • ジョン・リチャードソン。2019年2月解散を宣言して新生「ルベッツ」を結成。
  • ミック・クラーク。同上。
  • マーク・ヘイリー(Mark Haley, 1961年2月2日 - )[9] - キーボード。元キンクス(1989年 - 1993年)。2000年参加。
  • スティーブ・エサリントン - ギター、キーボード。1990年代にルベッツのアレンジ、プロデュースを担当。2016年頃ヘイリーと入れ替わり参加。2019年2月脱退して新生「ルベッツ」に参加。

The Rubettes Featuring Bill Hurd[編集]

※2000年頃から活動。

  • ビル・ハード(Bill Hurd,1948年8月11日 - ) - キーボード、(分裂後は)リードボーカル。初期ルベッツ活動停止後はスージー・クアトロのバックバンドとしてツアーやシングル「She's In Love With Youドイツ語版」「Stumblin' In英語版」に参加した[10]
他4名

The Rubettes(2019年結成)[編集]

2019年に分裂組が結成したルベッツ
  • ジョン・リチャードソン
  • ミック・クラーク
  • スティーブ・エサリントン

その他の旧メンバー[編集]

  • アレックス・バインズ(Alex Bines,1955年7月23日 - ) - ドラムス。

作品[編集]

アルバム[編集]

  • Wear It's At (1974)
  • We Can Do It (1975) - UK #41
  • Rubettes (1975)
  • Sign Of The Times (1976)
  • Baby I Know (1977)
  • Sometime In Oldchurch (1978)
  • Still Unwinding (1978)
  • Riding On A Rainbow (1992)
  • Making Love In The Rain (1995)

シングル[編集]

  • "Sugar Baby Love" (January 1974) - UK #1; U.S. Billboard Hot 100 #37
  • "トゥナイト" (July 1974) - UK #12
  • "Juke Box Jive" (November 1974) - UK #3
  • "I Can Do It" (March 1975) - UK #7
  • "Foe-Dee-O-Dee" (June 1975) - UK #15
  • "Little Darling" (October 1975) - UK #30
  • "You're The Reason Why" (April 1976) - UK #28
  • "Under One Roof" (August 1976) - UK #40
  • "Baby I Know" (January 1977) - UK #10

脚注[編集]

  1. ^ Das wird eine großartige ShowWestfalen-Blatt 2019年5月20日
  2. ^ a b c d The BandThe Rubettes Featuring Bill Hurd 公式HP
  3. ^ a b The Rubettes - International Artists Holland
  4. ^ The Rubettes Featuring Alan Williams公式Facebook 2019年2月14日
  5. ^ THE RUBETTES FEAT. JOHN, MICK AND STEVE - YA LOVIN ROCKS (REMIXES)Starfleet Music 2019年6月15日
  6. ^ a b Mick ClarkeThe Rubettes
  7. ^ John RichardsonThe Rubettes Featuring Alan Williams公式サイト
  8. ^ a b Alan WilliamsThe Rubettes Featuring Alan Williams公式サイト
  9. ^ アーカイブ
  10. ^ Bill Hurd The Rubettes Featuring Bill Hurd