ルムダ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ルムダ川(ルムダがわ、Lumda)は、ドイツヘッセン州を流れる全長33.7kmのラーン川支流フォーゲルスベルク山地西斜面に湧出し、ロラーでラーン川に合流する。

ルムダ川河口付近

ルムダ川は、自身の通り道としてルムダ渓谷を作り、グリューンベルクの一地区に「ルムダ」の名を与えた。また、同名の街を識別する名前として、この名が用いられることもある、たとえば、アレンドルフ (ルムダ)、トライス・アン・デア・ルムダ、オーデンハウゼン (ルムダ)といった具合である。古くからの方言での呼び名である「Lom」は、たとえばロラー(Lollar=Lomlar=ルムダ川沿いの牧草地)やロンドルフ(Londorf=ルムダ川沿いの街)といった街の名に残っている。

ルムダ川が流れるルムダ渓谷は、中部ヘッセン地方でもっとも魅力的な渓谷と言われる。

ルムダ川沿いの主な町には以下のものがある。