ルムバ・アメリカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルムバ・アメリカン
加藤和彦シングル
初出アルバム『うたかたのオペラ
B面 パリはもう誰も愛さない
リリース
規格 シングルレコード
録音 1980年7月22日 (1980-07-22)
ジャンル ルンバ
メレンゲ
AOR
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
K-34W
作詞・作曲 安井かずみ、加藤和彦
プロデュース 加藤和彦
加藤和彦 シングル 年表
おかえりなさい秋のテーマ - 絹のシャツを着た女
(1980年)
ルムバ・アメリカン
(1980年)
ロスチャイルド夫人のスキャンダル
(1981年)
うたかたのオペラ 収録曲
  1. うたかたのオペラ (L`OPÉRA FRAGILE)
  2. ルムバ・アメリカン (RUMBA AMERICAN)
  3. パリはもう誰も愛さない (PARIS, YESTERDAY)
  4. ラジオ・キヤバレー (RADIO CABARET)
  5. 絹のシャツを着た女 (LADY IN A SILKEN SHIRT)
  6. Sバーン (S-BAHN)
  7. キャフェ・ブリストル (CAFÉ BRISTOL)
  8. ケスラー博士の忙しい週末 (DOCTOR KESSLER'S BUSY WEEKEND)
  9. ソフィーのプレリュード (SOPHIE'S PRELUDE)
  10. 50年目の旋律 (FIFTY YEARS THEME)
テンプレートを表示

ルムバ・アメリカン」(RUMBA AMERICAN)は、1980年11月28日に発売された加藤和彦のソロ名義による9枚目のシングルである。

解説[編集]

「ルムバ・アメリカン」は加藤和彦の6枚目のソロ・アルバム『うたかたのオペラ』からのリカット・シングルで、細野晴臣高橋幸宏矢野顕子大村憲司などとともに西ベルリンハンザ・バイ・ザ・ウォールで録音された。詞作は同じくベルリンに同行した安井かずみが手がけ、歌詞には一行が現地で出会ったドイツ人観光ガイドをモデルとする女性が登場する。サウンド面ではルンバメレンゲの要素を含んでおり、ブラス・セクションのサウンドはプロフェット5によって作成されたが[1]、シングルカットにあたってアルバムで聴かれるドラムとベースによる10数秒のイントロ部分がカットされている。一方、カップリング曲にはアルバム収録曲「パリはもう誰も愛さない」が使用されたが、この曲は発売当時、パルコのCMに使用された。なお、当シングルのアートワークはアルバムと同じく奥村靫正が手がけている[2]

12インチ・シングル[編集]

アルバム発表後、プロモーション用として当曲の12インチ・シングルが配布されている。楽曲が片面にプレスされた豹柄のピクチャーディスクで、ジャケットはクリアビニール仕様となっていた[3]

収録曲 / パーソネル[編集]

全曲作詞:安井かずみ、作編曲:加藤和彦
収録時間はオリジナル・シングルレコードの表記に基づく。

SIDE 1[編集]

  1. ルムバ・アメリカン (RUMBA AMERICAN) - (3:41)
    加藤和彦 - ヴォーカル、ギター
    大村憲司 - ギター
    細野晴臣 - ベース
    高橋幸宏 - ドラムス
    矢野顕子 - ピアノ
    清水信之 - プロフェット5、オーケストレーション
    佐藤奈々子 - ヴォイス
    ハインツ・フォン・ヘルマン - サックス
    松武秀樹 - シンセサイザー・プログラマー

SIDE 2[編集]

  1. パリはもう誰も愛さない (PARIS, YESTERDAY) - (2:53)
    加藤和彦 - ヴォーカル、ギター
    大村憲司 - ギター
    細野晴臣 - モーグ
    高橋幸宏 - ドラムス
    矢野顕子 - ピアノ
    ギュンター・メルデ - ストリングス

アルバム収録[編集]

シングル「ルムバ・アメリカン」は、アナログレコードのアルバムには収録されず、1982年に発売された、カセット限定のコンピレーション・アルバム『さらばミシシッピー - ニュー・ミュージック・ベスト・ヒット』[4]に初収録された。なお、同年発売のコンピレーション・アルバム『アメリカン・バー』制作時には当曲のリミックス・ヴァージョンが作成されており、CDでは1988年と2004年の『うたかたのオペラ』のリイシュー盤のほか、コンピレーション・アルバムの『Le Bar Tango』と『ヨーロッパ三部作・ベストセレクション』にも使用されている。ただし、シングル・ヴァージョンのCD化はされていない。

脚注[編集]

  1. ^ 『バハマ・ベルリン・パリ~加藤和彦 ヨーロッパ3部作』p.26
  2. ^ オリジナル・シングルレコード(ワーナー・パイオニア K-34W)の表記より
  3. ^ 規格:ワーナー・パイオニア KS3501W
  4. ^ 他に柳ジョージ岡崎友紀時任三郎の楽曲も収録。(ワーナー・パイオニア、FKLA-2002)

参考文献[編集]

  • STUDIO VOICE vol.60』流行通信、1980年9月。
  • 『加藤和彦スタイルブック あの頃、マリー・ローランサン』CBSソニー出版、1983年11月。ISBN 978-4-78-970111-2。
  • 『バハマ・ベルリン・パリ〜加藤和彦 ヨーロッパ3部作』牧村憲一 (監)、リットーミュージック、2014年3月。ISBN 978-4-84-562367-9。