ル・ペルラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Le Pellerin
Blason ville fr Le Pellerin (Loire-Atlantique).svg
Le Pellerin-port.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason fr Loire Atlantique.svg
(arrondissement) ナント郡
小郡 (canton) サン=ブレヴァン=レ=パン小郡
INSEEコード 44120
郵便番号 44640
市長任期 バンジャマン・モリヴァル
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) ナント・メトロポール
人口動態
人口 4 607人
2012年
人口密度 150人/km2
住民の呼称 Pellerinais
地理
座標 北緯47度12分00秒 西経1度45分18秒 / 北緯47.2度 西経1.75503度 / 47.2; -1.75503座標: 北緯47度12分00秒 西経1度45分18秒 / 北緯47.2度 西経1.75503度 / 47.2; -1.75503
標高 平均:m
最低:0m
最高:27m
面積 30.65km2
Le Pellerinの位置(フランス内)
Le Pellerin
Le Pellerin
公式サイト www.ville-lepellerin.fr
テンプレートを表示

ル・ペルランLe Pellerin)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県コミューン

地理[編集]

県内におけるル・ペルランの位置

ル・ペルランはロワール川の南岸に位置しており、ナントの中心部から20kmの距離にある。コミューンの面積は15kmにわたって川沿いに伸びている。

INSEEがまとめた順位表によると、ル・ペルランはナント都市圏の一部である都市型コミューンである。ル・ペルランは歴史的にペイ・ド・レに属している。

由来[編集]

ル・ペルランの名はラテン語のperegrinum(旅行者または巡礼)からきている。実際に、中世の村はサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路上にある、伝統的な巡礼の交差路だった[1]。そこは確かにロワール川を渡る交差点の一つだった。

ガロ語での地名はLe Pelereinという[2]

歴史[編集]

今日でも、車と乗客を対岸のクエロンに運ぶフェリーが接岸する。川を渡る巡礼者がいた町の記憶は、現在もコミューンの紋章に描かれているホタテの貝殻に偲ばれる。この貝殻はサンティアゴ巡礼の象徴である。

10世紀、漁夫の小屋がまばらに建つだけだったこの地は、ロワール下流部におけるヴァイキングの飛び地に含まれていた。11世紀にはル・ペルランに小修道院があったことが証明されている[1]。町の起源というべき場所は、大まかにいうとレルミニエ埠頭に相当するが、そこは数軒の漁夫の住宅があったにすぎない。11世紀、ナント司教キリアックは、ル・ペルランの教会を、トゥーレーヌにあるマルムーティエ修道院に与えた。この時代は開墾の時代で、奥地の開発が行われ、農場が増えていった。中世から現代を通じて、ル・ペルランは漁港と平行して造船活動が発展していた。フランス革命時代、ポール・ブリュテュス(Port Brutus)と呼ばれていた町は、共和国軍と王党派軍の激しい衝突が起きた地であった。

1976年から1979年にかけ、ル・ペルランは、時には暴力的な、多くのデモ行動が起きた。町の東側にフランス電力原子力発電所建設計画が持ちあがり、反対活動が起きたのである。計画はフロセのカルネ地区に場所を変えたため、1983年に白紙にされた。ここでも導入は見送られ、1997年に計画は正式に放棄された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
2667 2685 2902 3478 3712 3777 4181 4607

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[3]、2004年以降INSEE[4][5]

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]