ル・マレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オテル・ド・サンス
オテル・ダルブレの玄関
ヴォージュ広場に近いシュリー館の庭園
オテル・ド・スービーズの屋敷
フラン・ブルジョワ通りから東側、ヴォージュ広場方向を見た景色
ストリート・アーティストがフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を歩道に描いているところ(2005).

ル・マレ(Le Marais)は、フランスパリの歴史的地域である。長く貴族が居住した地域であり、歴史・建築的重要性の高い多くの優れた建造物がある。パリの3区から4区にかけて広がっている地域であり[1]、日本ではマレ地区の名で知られる。リーヴ・ドロワト(Rive Droite)と呼ばれるセーヌ川右岸の地域にある。

歴史[編集]

パリの貴族的地域[編集]

1240年テンプル騎士団は要塞化工事を施した教会をマレ地区の北側、パリの城壁の外側ほど近くに建設した。タンプル塔によってこの地区は魅力を増し、タンプル地区 (Quartier du Temple)として知られるようになった。また、サント=カトリーヌ=デュ=ヴァル=デゼコリエ教会 (Sainte-Catherine-du-Val-des-Écoliers) と並び、ブラン・マントー (Blancs Manteaux) やサン=クロワ・ド・ラ・ブルトヌリ、カルム=ビエット (Carmes-Billettes) 女子修道院などの数多くの宗教施設が近隣に建設された。

13世紀ルイ9世の弟シチリア王であるシャルル・ダンジューは、自身の邸宅を現在のセヴィニエ通り7番近くに建てた[2]。1361年、シャルル5世はオテル・サン・ポールとして知られる邸宅を建て、シャルル5世及びその子の治世において宮廷が置かれた。

その頃から17世紀にかけて、特に「王の広場」(現在のヴォージュ広場)が1605年にブルボン朝創始者アンリ4世のもとで設計されて以降、マレ地区はフランス貴族に居住地として人気があった。フランスの貴族は自分たちの本邸をマレ地区に建てた。オテル・ド・サンス (Hôtel de Sens)、オテル・ド・シュリー (Hôtel de Sully)、オテル・ド・ボーヴェ (Hôtel de Beauvais)、オテル・カルナヴァレ (Hôtel Carnavalet, 現在のカルナヴァレ博物館), オテル・ド・ゲネゴー (Hôtel de Guénégaud)、オテル・ド・スービーズ (Hôtel de Soubise) ・・などがその例である。

ユダヤ人社会[編集]

貴族がフォブール・サンジェルマンへ移動し始めた後に、マレ地区はパリの主要なユダヤ人社会を抱える、活発で人気のある商業地域となった。19世紀から20世紀前半の間、プレッツルと呼ばれたロジエ通り (Rue des Rosiers) 付近の地区は多くの東欧系ユダヤ人(アシュケナジム)を迎え入れ、彼らによってマレ地区の服飾業への特化が加速した。しかし、第二次世界大戦の間、ユダヤ人社会はフランスを占領していたナチス・ドイツによって攻撃の対象とされた。

ロジエ通りは現在も、1990年代以降活気を取り戻したパリのユダヤ人社会の中心である。ユダヤ人によるイベントが告示され、書店はユダヤ人による書物に特化し、多くのレストランやその他の(安売りの)小売店などがカーシェールの食べ物を販売している。

マレ地区にはユダヤ芸術歴史博物館があり、芸術的・文化的遺産を通してユダヤ世界の歴史を追っている[3]

パヴェ通り10番にあるシナゴーグ(Agoudas Hakehilos Synagogue)は、ロジエ通りからそれほど離れていない。このシナゴーグはいくつかのメトロの駅も設計したアール・ヌーヴォーの建築家エクトール・ギマールによって1913年に設計された。

1982年、マレ地区のユダヤ人料理店で、複数人のテロリストが6人を殺害し22人を負傷させるゴールデンバーグレストラン事件が発生した。この事件は一般的には、20カ国でテロ事件を起こし900人以上を殺害または負傷させた、イスラーム系のアブ・ニダル組織の犯行とされる[4][5]

戦後の復興[編集]

1950年代までにこの地区は労働者階級の地区となり、地区内の優れた建築の多くが劣悪な補修状況に置かれていた。1964年、シャルル・ド・ゴール政権の文化大臣アンドレ・マルローは、マレ地区を最初の保存地区(secteur sauvegardé)とした。これらの保存地区は文化的に特に重要な地域や建築物を保護し、保存するために設けられた。その後の数十年で政府およびパリ市当局は、強力な復元活動および復興計画を実行した。

主要な、フランス式の大規模なタウンハウス(Hôtels particuliers)は修復が行われて美術館となった。オテル・サレ(Hôtel Salé)にはピカソ美術館があり、オテル・カルナヴァレ(Hôtel Carnavalet)にはカルナヴァレ博物館(パリ歴史博物館)が、オテル・ドノン(Hôtel Donon)にはコニャック=ジェイ美術館があるといった具合である。マレ地区の西側にあるボーブール地区には欧州最大のコレクションを有する国立近代美術館が入った総合文化施設ポンピドゥー・センターがある。建設はレンゾ・ピアノリチャード・ロジャースにより、1977年に革命的な建築として完成した。


今日のマレ地区[編集]

マレ地区は現在では、パリでも有数のアートギャラリーが集まる地域である。その復興に続いて、ソーホー等と比肩されるようにマレ地区は流行の発信地となった。多くの流行のレストランや高級ファッションメーカー、先端をいくギャラリーがある。

また、地区内にある中国人コミュニティ(中華街)も有名である。中国人コミュニティは第一次世界大戦中に現れ始めた。その時期、フランスは戦場にいる兵士たちの代わりの労働力を必要としており、中国は戦争に参加させないことを条件に数千人の市民を送ることを決めた。1918年の終戦後、彼らの一部はパリに残ることを決め、特に現在のメール通りの周辺に住んだ。今日、その多くは宝石店や皮革関連製品産業の中で働いている。マレ地区の中国人コミュニティは地区の北部、特にレピュブリック広場の周囲に定着した。レピュブリック広場に接したタンプル通りにパリの中国人教会がある。

LGBTカルチャー[編集]

マレ地区は1980年代に始まったLGBTカルチャーの中心となった。多くのゲイカフェ、ナイトクラブ、キャバレー、ショップの存在が示すようにゲイの影響力が増している。 これらの施設は主にマレ地区の南西の部分に集まっており、多くがサン=クロワ・ド・ラ・ブルトヌリ通りおよびアルシーヴ通りに面するかその近くにある。

パリにおけるLGBT関係の取引の40%がマレ地区におけるものである。Paris: 'Resting on its Laurels'? の著者のフローレンス・タマーニュは、著書の中でマレ地区は「人が生き、暮らす『村』というよりは歓楽街への玄関口である」と言い、またそのことこそがマレ地区をアングロアメリカのゲイ・タウンと異なるものにしているとも言っている[6]。アメリカのゲイ・タウンと同じように、マレ地区は「商業主義、ゲイ・プライドカミングアウトを重要視する」ともタマーニュは言っている[6]

ヨーロッパでも屈指の規模であるクルージングバー、ル・デポはマレ地区にある.[6]

著名な居住者・出身者等[編集]

貴族[編集]

政治[編集]

文化[編集]

観光名所[編集]

  • フランス国立中央文書館(Hôtel de SoubiseとHôtel de Rohanを含む)
  • カルナヴァレ博物館
  • ノートルダム=デ=ブラン=マントー教会 (Notre-Dame-des-Blancs-Manteaux)
  • サン=ジェルヴェ=サン=プロテ教会 (Saint-Gervais-Saint-Protais)
  • サン=メリ教会 (Saint-Merri)
  • サン=ニコラ=デ=シャン教会 (Saint-Nicolas-des-Champs)
  • サン=ポール=サン=ルイ教会 (Saint-Paul-Saint-Louis)
  • パリ市立史料館フランス語版(パリ歴史図書館、アングレーム・ラモワニョン館フランス語版) - カルナヴァレ博物館の向かいにある。
  • オテル・ドーモン (Hôtel d'Aumont)
  • オテル・ド・ボーヴェ (Hôtel de Beauvais)
  • オテル・ド・サンス (Hôtel de Sens)
  • オテル・ド・シュリー (Hôtel de Sully)
  • ヴォージュ広場(ヴィクトル・ユーゴーの家とカフェのマ・ブルゴーニュ (Ma Bourgogne) を含む)
  • コニャック=ジェイ美術館
  • ユダヤ芸術歴史博物館(サンタニャン (Saint-Aignan) 館内)
  • パリ工芸博物館
  • ピカソ美術館
  • プレッツル (Pretzl) のユダヤ地区
  • マレ寺院 (Temple du Marais)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ およそ、東はボーマルシェ大通り (Boulevard Beaumarchais)、西はボーブール通り (Rue Beaubourg)、南はセーヌ川、北はブルターニュ通り (Rue de Bretagne) に区切られた地域を指す。
  2. ^ この邸宅は1868年まで残り、ロワ・ド・シシル通りはこれにちなんで名付けられた
  3. ^ http://www.timeout.com/paris/en/museums/musee-dart-et-dhistoire-du-judaisme
  4. ^ Massoulié, François (2003). Middle East conflicts. Interlink Books. p. 98. ISBN 1566562376. 
  5. ^ Charters, David (1994). The deadly sin of terrorism: its effect on democracy and civil liberty in six countries. Greenwood Publishing Group. p. 108. ISBN 0313289646. 
  6. ^ a b c Tamagne, Florence. "Paris: 'Resting on its Laurels'?" (Chapter 12). In: Evans, Jennifer V. and Matt Cook. Queer Cities, Queer Cultures: Europe since 1945. Bloomsbury Publishing, August 28, 2014. ISBN 144114840X, 9781441148407. Start p. 240. CITED: p. 250.

参考文献[編集]

座標: 北緯48度51分27.36秒 東経2度21分41.23秒 / 北緯48.8576000度 東経2.3614528度 / 48.8576000; 2.3614528