ルーイ (ピクミン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ルーイLouie)は任天堂株式会社コンピューターゲームピクミン』シリーズに登場する架空のキャラクター

プロフィール[編集]

  • 所属:ホコタテ運送・新入社員でオリマーの後輩
  • 名前:ルーイ
  • 身長:約3cm
  • 出身:ホコタテ星

人物[編集]

ピクミン2』(以降、『2』)の主人公の一人。『ピクミン3』(以降、『3』)でも、終盤近くで登場する。声優は戸高一生。大人しく無口であまり言葉を発しないが、声は発するとのこと。食欲旺盛で、基本的にホコタテ星人は野菜を主食としているが、ルーイは野菜だけに留まらず、『2』や『3』で、未知の惑星の果物や原生生物も調理して食べるなど、非常に逞しい一面も併せ持つ。

名前の由来は任天堂のキャラクター、ルイージアナグラムであり[1]、特徴や扱い(マリオのアナグラムのオリマーよりも背が高い、最後にさらわれ役という点)もルイージと似ている。だが、宇宙服のアンテナ、手足などのカラーリングは

『2』で借金返済が完了した際にオリマーと共にホコタテ星へ帰還するはずが、オリマーは途中で彼がドルフィン号に乗りこんでいないことに気付く。スタッフロール時に彼が星に取り残され放浪している様子が描かれている。その後大型原生生物のヘラクレスオオヨロヒグモに連れ去られてしまった後、何らかの方法でルーイは逆にヘラクレスオオヨロヒグモをコントロールしてしまう。しかし、洞窟「夢の穴」の最終階層において何故かオリマー達に攻撃を仕掛けてくる。ヘラクレスオオヨロヒグモを倒すと、気絶したルーイが救出され『虫の王』という名前のお宝として回収される。

トラブル招聘体質のオリマーとは反対にトラブルメーカーであり、ゴールデンピクピクニンジン(ホコタテ星の高級食材)を運送していた際、食欲を抑えきれず食べてしまった。[2]これが結果的にホコタテ運送の借金の原因、ひいては『2』での冒険の引き金となる。更に、借金を返済した際、行方を眩ませてオリマー達が惑星に戻らざるを得ない状況にしたり、ヘラクレスオオヨロヒグモをコントロールしてオリマー達を苦戦させたりと、オリマーの足を引っ張っている。

さらに『ピクミン3』(以降、『3』)では、自分をタテゴトハチスズメ率いるハチスズメの群れから助けたコッパイ星人のアルフ、ブリトニー、チャーリーの3人の宇宙船・ドレイク号から彼らの食料を盗み出して逃亡するという行動に出た。しかし、巨大生物・ヌマアラシにまたしても捕まってしまい、再度救出・縄で縛られ、オリマーの居場所を聞き出された上で拘束された。最終的にはオリマーと共にホコタテ星に帰還するためドレイク号に乗り込んだと思われていたが、アルフのレポートによると船内に姿が見当たらず、またしても行方不明になってしまった。

チャレンジモードでは2人でプレイするとき2Pのキャラクターに、2人バトルの時は2Pがルーイを使うことになる。本編でルーイがいなくなっても、チャレンジモード、2人バトルではルーイが登場する。本編では社長と代わる。

『3』では「ビンゴバトルモード」にて、2P側の操作キャラとして登場し、オリマーとコンビを組む。2対2のバトル時に登場する(ちなみに1P側のプレイヤーキャラであるコッパイ星人は、アルフ、ブリトニー(またはチャーリー)の二人がコンビを組んでいる)。

大乱闘スマッシュブラザーズX』では、オリマーのカラーバリエーションの一つにルーイと同じカラーリングになるものがあり、またルーイもフィギュアとして登場している。

家族[編集]

  • 祖母

ルーイメモ[編集]

『ピクミン2』では彼を救出すると、生物図鑑で「ルーイメモ」を見られるようになる。以降、メモリーカードをリセットしない限り、別のファイルを選んだり、そのファイルで社長がオリマーと同行している時も見られる。 内容は主にピクミンの星にいる生物の調理法や食事方法である。

野菜、果実、肉類はもちろん、原生生物をも調理して食べてしまう彼を『ピクミン3』の主人公達は、「凄い適応力」、「我々コッパイ星人も見習うべき」と評している。

注釈[編集]

  1. ^ 開発中は名前が「ルージー」だったが「loser(敗者、損をした人)」と似ているので現在の物に変えられた。
  2. ^ 社長には宇宙ウサギに襲われたと報告していたが、ウソの報告だった。

関連項目[編集]

  • 戸高一生 - ピクミン2のサウンドディレクション、ルーイの声優