ルーカスの初恋メモリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルーカスの初恋メモリー
Lucas
監督 デヴィッド・セルツァー
脚本 デヴィッド・セルツァー
製作 デヴィッド・ニックセイ
クリスティ・ゼア
出演者 コリー・ハイム
ケリー・グリーン
チャーリー・シーン
コートニー・ソーン=スミス
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 レイナルド・ヴィラロボス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年5月28日
日本の旗 1989年3月11日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $8,200,000[1]
テンプレートを表示

ルーカスの初恋メモリー』(原題:Lucas)は、1986年アメリカ合衆国で制作された青春映画

コリー・ハイムケリー・グリーンチャーリー・シーンといった、当時人気の若手俳優が多数出演している。また、後に人気女優となるウィノナ・ライダーのスクリーンデビュー作である。

ストーリー[編集]

イリノイ州高校に通うルーカスは、身体が小さく貧弱で昆虫採集が趣味の冴えない少年。だが一方で、14歳ながら飛び級で進学を果たすほどの秀才でもあった。そんな彼がある日、2歳年上の転校生マギーに一目惚れしてしまう。次第にかけがえのない友人として親しくなっていく二人だったが、新学期に入るとマギーはアメリカンフットボール部のキャプテン、キャピーと心惹かれあっていく。それを知ったルーカスは、無謀にも自分もフットボール部への入部を決意する。しかし、当然そんな挑戦が上手くいくはずはなく、ルーカスは大事な試合で負傷してしまい、そのせいでチームは敗北してしまう。無残に失敗してしまったルーカスだったが、チームメイトは彼の勇気を称え、彼を自分たちの仲間として迎え入れる。こうしてルーカスの新たな生活が始まったのであった。

キャスト[編集]

※括弧内はテレビ放送時の日本語吹き替えでDVD(約91分)に収録されている。また、WOWOWで追録されたものが放送されたこともある。

出典[編集]

  1. ^ Lucas” (英語). Box Office Mojo. 2014年9月8日閲覧。