ルーカスフィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルーカスフィルム
Lucasfilm Ltd. LLC
Lucasfilm logo.svg
サンフランシスコのレターマン・デジタル・アーツセンター。本社の事業部門の一部が入る。
サンフランシスコのレターマン・デジタル・アーツセンター。本社の事業部門の一部が入る。
略称 LCF
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州マリンカウンティ
設立 1971年12月10日
業種 公開会社
事業内容 映画アニメーション
代表者 キャスリーン・ケネディ
従業員数 2,000人
所有者 ウォルト・ディズニー・スタジオ
主要株主 ウォルト・ディズニー・カンパニー
主要子会社 インダストリアル・ライト&マジック
ルーカスフィルム・アニメーション
スカイウォーカー・サウンド
ルーカスアーツ
Singapore B.V.
ルーカス・デジタル
ルーカス・ライセンシング
ルーカス・ブックス
ルーカス・ラーニング
ルーカス・オンライン
関係する人物 ジョージ・ルーカス
テンプレートを表示

ルーカスフィルムLucasfilm Ltd. LLC)は、1971年ジョージ・ルーカスが設立した映像製作会社である。2012年以降はウォルト・ディズニー・スタジオの傘下となっている。

概要[編集]

スター・ウォーズシリーズ』をはじめ、『インディ・ジョーンズ シリーズ』や『アメリカン・グラフィティ』などの映画製作とメディアフランチャイズを行っている。本社はカリフォルニア州マリンカウンティにあるスカイウォーカーランチ内に設置されている。

SFX/VFX工房のインダストリアル・ライト&マジック、音響制作スタジオのスカイウォーカー・サウンド、アニメ制作会社のルーカスフィルム・アニメーションなどを子会社に持つ。

映画制作における特殊撮影視覚効果のパイオニアとしても有名で、『E.T.』、『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』、『ターミネーターシリーズ』、『ジュラシック・パーク』、『タイタニック』、『ハリー・ポッターシリーズ』、『トランスフォーマー』、『マーベル・シネマティック・ユニバース』など数多くの他社作品に参加している[1][2][3]

歴史[編集]

アメリカン・グラフィティ[編集]

1971年、当時27歳のジョージ・ルーカスは、初監督作品のSF映画『THX 1138』を公開したが失敗に終わる。方向性を変えて、1960年代を舞台にした半自伝的青春映画の製作を決意し、ルーカスフィルムを立ち上げた。複数の映画会社に企画を持ち込むも断られ続け、最終的にユニバーサル・スタジオと契約。低予算で制作され高収益を獲得した『アメリカン・グラフィティ』は、「興行的に最も成功した映画」と言われた。

スター・ウォーズシリーズ[編集]

『アメリカン・グラフィティ』の大成功を受け、続いて『スター・ウォーズ』の企画をユニバーサル側に持ちかけたが、当時スペースオペラ作品がヒットすると思われずあっさり却下された[4]。現親会社のウォルト・ディズニー・カンパニーにも企画を提出していたが、やはり断られている[5]。その後、20世紀フォックスと契約を結んだが、同じようにあまり期待されず、再び低予算での制作を強いられる。限りある態勢のもとで映画は完成し、1977年、満を持して公開された。初めは小規模公開だったが、すぐさま話題を呼び、世界各地で大ヒットを記録した。アカデミー賞では六部門を受賞。それまでマニア向けという扱いだったSF映画を、誰もが楽しめる娯楽作品へと引き上げたことが高く評価された。ジーン・ロッデンベリーの『スタートレック』が物語に重きを置いていたのに対し、『スター・ウォーズ』はジョーゼフ・キャンベルや日本の時代劇に影響された、古典的かつ神話性の強い世界観と、斬新な特殊撮影視覚効果に注力した。

成功を確信していなかった20世紀フォックスは、商品化の権利と、第一作目以降の著作権をルーカスフィルムに譲渡していた。これが功を奏し、スター・ウォーズ関連の収入がほぼ全て流れ込んだばかりでなく、「配給会社が内容に口出ししない」という理想的な環境が出来上がった。その後、ルーカスフィルムは映画製作の費用を自社で捻出するようになっていった。

スター・ウォーズはシリーズ化され、第一作目を起点とする旧三部作をはじめ、その過去を描く新三部作、未来を描く続三部作と、1977年から2019年にかけて断続的に合計9本の実写映画(スカイウォーカー・サーガ英語版)が公開された。小説、コミック、アニメーション、テレビゲームなど様々なメディアからスピンオフ(外伝)作品が生まれ、大衆文化に広く浸透していった。

インディ・ジョーンズ シリーズ[編集]

スター・ウォーズ』が公開された直後、ルーカスはシリーズの一作目である『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のアイデアを、盟友のスティーヴン・スピルバーグと共有した。その後、スピルバーグに正式に監督を依頼し、パラマウント映画と契約する。1980年代に三作品が公開され、2008年に新作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』が公開された。2021年に『インディ・ジョーンズ5』が公開予定。

映像技術[編集]

それまでの映画では見られなかった特殊撮影を『スター・ウォーズ』に取り込みたいと考えていたルーカスだが、20世紀フォックスの特撮部門は当時閉鎖していた。そのため、プロデューサーのゲイリー・カーツと共に、ダグラス・トランブルのアシスタントだったジョン・ダイクストラや、大学生、エンジニアなどからなる独自のチームを集め、インダストリアル・ライト&マジック(略称:ILM)と名付けた。『スター・ウォーズ』の公開後にチームは解散したが、1978年に新しいILMが開設された。1979年にはコンピューター・アニメーション部門が設立され、ピクサーの前身となる。その後もILMはルーカスフィルムの映画制作を通して、CGIデジタル合成デジタルリムーバルモーフィングなど、昨今の大作映画に欠かせない視覚効果の研究と開発に大きく貢献した。長年、サン・ラファエルに置かれていたが、2005年にマーケティング、オンライン、ライセンシング部門と共にレターマン・デジタル・アーツセンターに移動した。

ディズニーとの関係[編集]

ディズニーのアトラクションキャプテンEO』の製作総指揮をルーカスが勤めたことで、両社の繋がりが生まれた。1987年に『スター・ツアーズ』、1995年に『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー』がディズニーパークにオープンした。

2012年10月31日ウォルト・ディズニー・カンパニーは現金と株式40億5000万ドル相当でルーカスフィルムを買収した[6][7][8][9]。ルーカス本人も会社から身を引き、後任の社長として映画プロデューサーのキャスリーン・ケネディを指名[10][11][12]。配給会社はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズで統一されることになった。幼い頃からディズニーのファンだったと公言しているルーカスは、「ディズニーは巨大な企業で、あらゆる能力や設備が整っている。今回の買収によりルーカスフィルムが得られる強さは大いにあるだろう」「自分が会社を去っても『スター・ウォーズ』は今後100年続く」と語っていた[13][14]

買収から6年経った2018年にはディズニー最高経営責任者ボブ・アイガーから、ルーカスフィルムの買収額は既に回収済みと発表された[15][16][17]

サイト[編集]

部門会社[編集]

ルーカスフィルムの関連会社には、以下のものがある。

かつての傘下会社[編集]

製作作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映画上映前に流れるTHXロゴの「ブゥゥウウンン」という音の正体とは? - GIGAZINE”. gigazine.net. 2020年4月8日閲覧。
  2. ^ 『スター・ウォーズ』史上最高の音を日本唯一の劇場で!ルーカスが認めたTHX” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年4月8日閲覧。
  3. ^ 岡本玄介 (2019年8月23日). “映画音響THXの新しいディープ・ノート・トレイラーは映画館に行った気分になれるよ” (日本語). www.gizmodo.jp. 2020年4月8日閲覧。
  4. ^ あなたが知らないルーカスフィルム――『スター・ウォーズ』以外の野心的な映画の数々を振り返る エンタメ”. jp.ign.com. 2020年4月14日閲覧。
  5. ^ 「How Star Wars Conquered the Universe: The Past, Present and Future of a Multibillion Dollar Franchise」; クリス・テイラー; Basic Books (2014年)
  6. ^ "Disney to Acquire Lucasfilm Ltd."(ウォルト・ディズニーによるプレス・リリース)
  7. ^ 「ディズニー、スター・ウォーズの『ルーカス』買収 15年にも新作上映」日本経済新聞、2012年10月31日、9時25分)
  8. ^ Inc, mediagene (2012年10月31日). “ディズニーがルーカスフィルム買収、「スター・ウォーズ エピソード7」制作へ着手” (日本語). www.gizmodo.jp. 2020年4月8日閲覧。
  9. ^ なぜルーカスフィルムを買収したのか、“放送事業者”としてのディズニー (1/4)” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン (2012年12月4日). 2020年4月8日閲覧。
  10. ^ ディズニーがルーカスフィルムを買収” (2012年10月31日). 2012年11月2日閲覧。
  11. ^ ルーカスフィルム、40億ドル。それはディズニーにとって「いい買い物」だった|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2020年4月8日閲覧。
  12. ^ ディズニーがルーカスフィルム買収、スター・ウォーズ新作に着手” (日本語). CNN.co.jp. 2020年4月8日閲覧。
  13. ^ 『スター・ウォーズ』ルーカスフィルム社長、2021年まで任期延長” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年4月8日閲覧。
  14. ^ ルーカスフィルム社長が「スター・ウォーズ」「インディ・ジョーンズ」の新企画について発言 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)” (日本語). screenonline.jp. 2020年4月8日閲覧。
  15. ^ ルーカスフィルムの買収から6年、ディズニーはすでに投資額を回収 | 未知領域” (日本語) (2018年12月10日). 2020年4月8日閲覧。
  16. ^ ピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、21世紀フォックス買収の舞台裏とは? ロバート・アイガー『ディズニーCEOが実践する10の原則』4月7日刊行|Hayakawa Books & Magazines(β)” (日本語). Hayakawa Books & Magazines(β). 2020年4月8日閲覧。
  17. ^ ディズニーが買収を繰り返したことによる成功と戦略とは? - GIGAZINE”. gigazine.net. 2020年4月8日閲覧。