ルーキー清二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ルーキー清二(ルーキーせいじ、1930年 - 没年不詳)は、日本芸人コメディアン漫才師。本名:黒崎清次。大阪府出身。

来歴・人物[編集]

漫才教室』(ABCラジオ)等のコンクール荒らしをしていた頃にルーキー新一と出会う。1957年にプロに転向し浮世亭夢若の門下になり、漫才コンビ『梅乃松夫・武夫』として松竹芸能からデビュー。

1961年吉本興業に引き抜かれ『ルーキー新一・清二』と改名。

この頃から人気が出始め、ルーキー新一のピンでの仕事も増え始め、吉本新喜劇にもちょくちょく出ていたようである。しばらくしてコンビを解消した。

1965年に浪花五郎の名で浪花三郎(後の松本さん太)と、アレキサンダー二世の名でアレキサンダー一世と、東清二の名で中山三吉と、浪花ハチゴロの名で浪花クマゴロ(後のヤングホープ)と、目まぐるしくコンビを変えたが芽が出ず、後に地方巡業先で交通事故死を遂げた。

黒崎清二と名乗っていた時期がある。

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年