ルーク・ウィリアムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ルーク・ウィリアムス
ルーク・ウィリアムスの画像
Bushwhacker Luke in 2009
プロフィール
リングネーム ルーク・ウィリアムス
クレージー・ルーク・ウィリアムス
ブッシュワッカー・ルーク
ルーク・ザ・ブッシュワッカー
スウィート・ウィリアム
スウィート・ウィリアムス
ゴージャス・テディ・ウィリアムス
プリティボーイ・フロイド
本名 ブライアン・ウィッケンズ
身長 183cm
体重 113kg(全盛時)
誕生日 (1947-01-08) 1947年1月8日(74歳)
出身地  ニュージーランド
オークランド
スポーツ歴 ラグビー[1]
トレーナー ジョン・ダ・シルバ[2]
ブルーノ・ベッカー[3]
デビュー 1962年[4]
テンプレートを表示

ルーク・ウィリアムスLuke Williams、本名:Brian Wickens1947年1月8日 - )は、ニュージーランドオークランド出身の元プロレスラー

兄貴分ブッチ・ミラーとのタッグチームザ・ブッシュワッカーズ、ザ・シープハーダーズ、ザ・キウィズ)での活動で知られる。

来歴[編集]

1962年NWAニュージーランド(後のオールスター・プロレスリング)にて15歳でデビュー[4]スウィート・ウィリアムSweet William)をリングネームに、1966年よりボブ "ブッチ" ミラーとのコンビで活動[4]東南アジアを経て1972年カナダモントリオール地区に参戦後、1973年カルガリースタンピード・レスリングに進出、当時ニック・カーターと名乗っていたミラーとザ・キウィズThe Kiwis)を結成する[4]

1974年9月、カーター(ミラー)とのザ・キウィズとして、スウィート・ウィリアムスSweet Williams)の名義で国際プロレスに初来日[5]。9月16日に館山にてラッシャー木村&グレート草津IWA世界タッグ王座に挑戦した[6]。国際プロレスには、1976年7月にも単独で再来日している[7][8]1979年5月にはミラーと共に全日本プロレスに参戦[9]。同年よりチーム名をザ・シープハーダーズThe Sheepherders)に改め、ヒールタッグチームとして各地を転戦、プエルトリコWWCではアブドーラ・ザ・ブッチャーとも共闘している[10]

1981年下期よりミラーが一時的にニュージーランドに帰国した際には、同じ南半球オーストラリア出身のジョナサン・ボイドを新パートナーに活動[11]アラバマSECWでは1982年9月にロバート・フラー&ジミー・ゴールデンミッドナイト・エクスプレスランディ・ローズ&デニス・コンドリー)とNWAサウスイースタン・タッグ王座を争い[12]テネシー州メンフィスCWAでは同年12月13日、ファビュラス・ワンズスティーブ・カーン&スタン・レーン)からAWA南部タッグ王座を奪取[13]テキサス州サンアントニオのサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングでは1983年5月7日、ザ・グラップラーズを破ってSCWサウスウエスト・タッグ王座を獲得した[14]

1983年6月にボイドが交通事故で欠場してからはボビー・ジャガーズをパートナーとしていたが、7月のボブ・スウィータン&スウィート・ブラウン・シュガー戦の試合後にジャガーズを裏切って仲間割れ[14]。同年11月よりミラーとのシープハーダーズを再結成する[15]。以降、南部エリアを中心に各テリトリーのタッグ王座を再三奪取、日本では「タッグ泥棒」なる異名を付けられた[1]。1987年2月には新日本プロレスに来日、IWGPタッグ王座の決定リーグ戦に出場している[16]

1988年末、チーム名をブッチ&ルークのザ・ブッシュワッカーズThe Bushwhackers)に変更し、ブッチとは従兄弟同士という設定でWWFに登場。WWFではコミック・リリーフを担当するベビーフェイスのベテラン・チームとして売り出され、そのコミカルなキャラクターで子供ファンの人気を集めた[1]1990年12月には、当時WWFと提携していたSWSに来日している[17]。以降、WWFには1996年まで長期間に渡って在籍し、退団後もブッシュワッカーズ名義でブッチと共にインディー団体を転戦。2001年4月1日には『レッスルマニアX-Seven』のギミックバトルロイヤルに揃って出場している。

引退後はブッチとは別の道を歩み、かつての主戦場でもあったプエルトリコに居住してIWAブッカーを担当[18]。各地のインディー団体にもスポット参戦しており、2007年12月にはTNAに登場[19]2008年2009年ROHに度々出場、2010年6月はカナダ・ノバスコシア州のUCW "Summer Explosion Tour" に参加した[18]

2010年11月22日、SMASHがプロデュースする「ワールド・レジェンド・リバイバル」の第1弾選手として、SWS以来の20年ぶりの来日が実現。JCBホールで行われた『SMASH.10』に出場し、児玉ユースケから勝利を収めた[20]

2015年、ブッチ・ミラーとのザ・ブッシュワッカーズでWWE殿堂に迎えられた(インダクターは、かつてNWAフロリダ地区で彼らのマネージャーを務めていたジョニー・エースことジョン・ロウリネイティス[21][22]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:3回(w / ブッチ・ミラー)[24]
NWAオールスター・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:1回(w / ブッチ・ミラー)[26]
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米タッグ王座:4回(w / ブッチ・ミラー)[27]
  • WWC世界タッグ王座:2回(w / ブッチ・ミラー)[28]
ユニバーサル・レスリング・フェデレーション
  • UWF世界タッグ王座:2回(w / ブッチ・ミラー)[29]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWA USタッグ王座(フロリダ版):1回(w / ブッチ・ミラー)[30]
  • NWAフロリダ・タッグ王座:1回(w / ブッチ・ミラー)[31]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWサウスウエスト・タッグ王座:2回(w / ジョナサン・ボイド、ボビー・ジャガーズ[14]
  • SCW世界タッグ王座:1回(w / ブッチ・ミラー)[33]
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAサウスイースタン・タッグ王座:1回(w / ジョナサン・ボイド)[12]
  • NWA USジュニアヘビー級王座(サウスイースト版):1回[34]
ワールド・レスリング・エンターテインメント

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P172(1996年、日本スポーツ出版社
  2. ^ Bushwhacker Luke”. Cagematch.net. 2021年1月22日閲覧。
  3. ^ Luke Williams”. Wrestlingdata.com. 2021年1月22日閲覧。
  4. ^ a b c d Luke Williams Wrestling Bio”. Bushwhacker Luke.net. 2010年10月12日閲覧。
  5. ^ IWE 1974 IWA Title Match Series / Super Wide Series”. Puroresu.com. 2021年1月23日閲覧。
  6. ^ The IWE matches fought by Luke Williams in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年11月27日閲覧。
  7. ^ IWE 1976 Big Summer Series”. Puroresu.com. 2021年1月23日閲覧。
  8. ^ The IWE matches fought by Luke Williams in 1976”. Wrestlingdata.com. 2014年11月27日閲覧。
  9. ^ The AJPW matches fought by Luke Williams in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年11月27日閲覧。
  10. ^ Abdullah with The Sheepherders”. Online World of Wrestling. 2010年10月12日閲覧。
  11. ^ Jonathan Boyd”. Online World of Wrestling. 2010年10月12日閲覧。
  12. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月27日閲覧。
  13. ^ a b NWA/AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月27日閲覧。
  14. ^ a b c SCW Southwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月27日閲覧。
  15. ^ The SWCW matches fought by Luke Williams in 1983”. Wrestlingdata.com. 2021年2月13日閲覧。
  16. ^ The NJPW matches fought by Luke Williams in 1987”. Wrestlingdata.com. 2014年11月27日閲覧。
  17. ^ The SWS matches fought by Luke Williams in 1990”. Wrestlingdata.com. 2014年11月27日閲覧。
  18. ^ a b Luke Williams”. Online World of Wrestling. 2010年10月12日閲覧。
  19. ^ TNA iMPACT December 20, 2007”. Online World of Wrestling. 2010年10月12日閲覧。
  20. ^ The SMASH match fought by Luke Williams in 2010”. Wrestlingdata.com. 2014年11月27日閲覧。
  21. ^ a b The Bushwhackers”. WWE.com. 2015年3月25日閲覧。
  22. ^ WWE Hall Of Fame 2015 TV Report”. Wrestling Observer (March 29, 2015). 2016年4月7日閲覧。
  23. ^ Stampede International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  24. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  25. ^ NWA Canadian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  26. ^ NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  27. ^ WWC North American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  28. ^ WWC World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  29. ^ UWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  30. ^ NWA United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  31. ^ NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  32. ^ CWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  33. ^ SCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月12日閲覧。
  34. ^ NWA United States Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月27日閲覧。

関連項目[編集]