ルーチョ・クアラントット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ルーチョ・クアラントット: Lucio Quarantotto1957年 - 2012年7月31日)は、イタリア人ソングライターで、特にアンドレア・ボチェッリの「君と旅立とう」(作曲はフランチェスコ・サルトーリ)を作詞したことで著名である。この曲は後に「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」に改名され、デュエット曲としてボチェッリとサラ・ブライトマンが共演している。

来歴[編集]

この時作曲を担当したサルトーリとはその後、いずれもボチェッリのアルバム『夢の香り』(1999年)の収録曲「大いなる世界英語版」と「静寂の闇の中で」の制作を手掛けており、また2001年にもアルバム『トスカーナ』の収録曲「千の月と千の波英語版」を制作している。2007年にボチェッリは「大いなる世界」でブライトマンと再びデュエットしている。

このようにシュガー・ミュージックに所属していたクアラントットとサルトーリはボチェッリの人気曲を数多く作曲している[1]

2012年7月31日、クアラントットは自宅アパート6階の窓から飛び降り自殺を図り死亡した。

参考文献[編集]

  1. ^ Worden, Mark - Sugar's Label and Publishing Rosters Are Rich With Talent. Billboard Magazine, January 18, 2003