ルーテル聖ペテロ教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルーテル聖ペテロ教会(サンクトペテルブルクネフスキー大通り

ルーテル聖ペテロ教会(ルーテルせいペテロきょうかい、ロシア語: Лютеранская церковь Святого Петра)はロシアサンクトペテルブルク市にあるルーテル教会で、市内の一番繁華なネフスキー大通りにある。

概要[編集]

ルーテル聖ペテロ教会はロシアサンクトペテルブルク市にあるルーテル教会で、市内の一番繁華なネフスキー大通りにある。ロシアへ移住してきたドイツ人の信者が多かったので、通常ドイツ教会と呼ばれている。

歴史[編集]

1705年ピョートル大帝はその宗教緩和政策に基づいてローマ・カトリック教会およびプロテスタント教会の宣教も許可した。

1708年に、初めてのルーテル教会は設立された。市内にはいくつかのルーテル教会も建てられて、数学者オイラーなどがサンクトペテルブルクのルーテル教会の墓地に葬られた。

現在の教会堂は1833年1837年にかけて、ドイツ出身の信者たちによって設立された。設計はアレクサンドル・ブルロフ(Alexander Brulllov)であった。1917年ごろには、この教会は1万5千人の教会員がいて、教会が経営する学校(ペトリシューレPetrischule)、病院孤児院などもあった。[1]

ソヴィエト時代には教会は迫害を受け、閉鎖され、この教会堂は水泳プールとして使われていた。

1990年代に、教会堂をルーテル教会へ返還する決定がなされ、教会堂の修復も行われた。

礼拝[編集]

現在は通常ロシア語礼拝が行われている。また、ドイツ語での礼拝もある。

近隣の教会[編集]

ネフスキー大通りのこの地域には、次のようなプロテスタント教会があり、後者では英語(聖公会)、韓国語(長老派)などの日曜礼拝も行われている。

ネフスキー大通りの向かいにはカザン大聖堂ロシア正教会)があり、少し離れてやはりネフスキー大通りの東の方にアルメニア教会カトリック聖カタリナ教会ローマ・カトリック教会)もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 教会の前にあるEuropean Walkwayのサインポスト(この教会の歴史が書いてある)

関連項目[編集]