ルートヴィヒ・シュトルヴェルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルートヴィヒ・シュトルヴェルク
Ludwig Stollwerck
StollwerckLudwig1918.JPG
生誕 (1857-01-22) 1857年1月22日
ケルン
死没 (1922-03-12) 1922年3月12日(65歳没)
自動販売機(1905年)

ルートヴィヒ・シュトルヴェルクLudwig Stollwerck1857年1月22日 - 1922年3月12日)はドイツ実業家チョコレートの販売に自動販売機を開発させて使用した。

略歴[編集]

ケルンのチョコレート製造業者、フランツ・シュトルヴェルクの息子に生まれた。他の兄弟たちと同じように早くから家業に加わり、16歳で見習いとして働いた。国外に出て外国語を学ばせる父親の方針でフランス、イギリス、アメリカに商売を広げる役目を与えられた。国外で広告の仕方を研究し、ロンドンの取引相手の貿易会社で働いた後、1881年に兄のアルベルトが経営する会社に戻り、共同経営者になり宣伝の責任者となった。兄のアルベルトが1883年に急死したのでチョコレート工場の経営を引き継いだ。海外支店網の構築や品質の管理方法や製造技術の革新などで、会社を発展させた。

1886年にアメリカ合衆国を訪れた時、スロットマシンを見て、シュトルヴェルクはチョコレートを自動販売機で販売するというアイデアを思い付いた。ドイツに戻ると機械メーカーと交渉を始め、ベルリンの機械会社と契約し、最初の自動販売機は1889年に完成した。1893年までにはすでに15,000台の機械でチョコレートが販売され、1800万個のチョコレートが自動販売機で売られた。1894年にDeutschen Automatengesellschaft Stollwerck & Co. (DAG) という会社を設立し、切符や香水やトイレット・ペーパーといったチョコレート以外の自動販売機を開発し、DAGによってベルリンには自動販売機だけのレストランが作られた。

自動販売機以外にも1893年にドイツで屋外の宣伝目的の「ホーロー看板」の使用を始め、そのための会社も設立した