ルートヴィヒ6世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルートヴィヒ6世
Ludwig VI.
ヘッセン=ダルムシュタット方伯
Ludvig VI, 1630-78, lantgreve av Hessen-Darmstadt (Salomon Duarte) - Nationalmuseum - 15553.tif
在位 1661年 - 1678年

出生 (1630-01-25) 1630年1月25日
ダルムシュタット
死去 (1678-04-24) 1678年4月24日(48歳没)
ダルムシュタット
配偶者 マリー・エリーザベト・フォン・ホルシュタイン=ゴットルプ
  エリーザベト・ドロテーア・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公
子女 一覧参照
家名 ヘッセン=ダルムシュタット家
父親 ヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世
母親 ゾフィー・エレオノーレ・フォン・ザクセン
テンプレートを表示
ルートヴィヒ6世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

ルートヴィヒ6世Ludwig VI., 1630年1月25日 - 1678年4月24日)は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯(在位:1661年 - 1678年)。

ゲオルク2世とその妃であったザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世の公女ゾフィー・エレオノーレ(1609年 - 1671年)の長男としてダルムシュタットで生まれた。

1678年4月24日にダルムシュタットで死去、子のルートヴィヒ7世が方伯位を嗣いだ。

子女[編集]

1650年11月24日ホルシュタイン=ゴットルプフレデリク3世の公女マリー・エリーザベト(1634年 - 1665年)と結婚し、彼女との間に8子をもうけた。


マリー・エリーザベトと死別した後、1666年12月5日ザクセン=ゴータエルンスト1世(敬虔公)の公女エリーザベト・ドロテーア(1640年 - 1709年)と再婚した。彼女との間には8子をもうけた。

  • エルンスト・ルートヴィヒ(1667年 - 1739年) - ヘッセン=ダルムシュタット方伯
  • ゲオルク(1669年 - 1705年)
  • ゾフィー・ルイーゼ(1670年 - 1758年) - エッティンゲン=エッティンゲン侯アルブレヒト・エルンスト2世妃
  • フィリップ(1671年 - 1736年)
  • ヨハン(1672年 - 1673年)
  • ハインリヒ(1674年 - 1741年)
  • エリーザベト・ドロテーア(1676年 - 1721年) - ヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ3世ヤーコプ妃
  • フリードリヒ(1677年 - 1708年)
先代:
ゲオルク2世
ヘッセン=ダルムシュタット方伯
1661年 - 1678年
次代:
ルートヴィヒ7世