ルート16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルート16
ジャンル 固定画面アクション
ドットイートゲーム
対応機種 アーケード
開発元 テーカン
サンソフト
発売元 日本 岐阜特機
アメリカ合衆国 Centuri
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(20.50キロバイト
稼働時期 INT 1981051981年5月
デバイス 4方向レバー
1ボタン
CPU Z80 (@ 2.5 MHz)×2
サウンド AY-3-8910A (@ 1.25 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×256ピクセル
57.00Hz
パレット8色
テンプレートを表示

ルート16』(ルートシックスティーン)は、1981年サン電子が開発し、岐阜特機より発売されたアーケードゲームである。

概要[編集]

真上から見下ろすトップビューのマップ上で車を操り、自機に向かってくる敵の車や迷路に配置されている敵キャラクターをかわしながらステージ上にあるアイテムを回収していくゲーム。自機は動き始めると一切停止することができない。

ナムコのアーケードゲーム『ラリーX』(1980年)とシステムが似ているが、1ステージにつき16に分かれたうち1画面分の迷路1ブロックを表示するメイズモードと、その16のブロックすべてが表示されるレーダーモードの2つの表示モードがある点が異なる。レーダーモードでは、自機・敵機の位置、迷路ブロック入口とアイテムの位置をドット表示で確認できるが、内部の迷路の形状は中に入ってみるまで分からない。

他機種版[編集]

一覧[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 Route 16
アメリカ合衆国 1983年
アルカディア Emerson Radio Emerson Radio ロムカセット No.35 -
2 ルート16ターボ
日本 198510041985年10月4日
ファミリーコンピュータ サンソフト サンソフト 320キロビットロムカセット[1] SS2-4900 -
3 メモリアル☆シリーズSUNSOFT Vol.2
日本 200112062001年12月6日
PlayStation サンソフト サンソフト CD-ROM SLPS-03181 -
ファミリーコンピュータ版の移植、アトランチスの謎とのカップリング
4 ルート16・ターボ
ドキドキSUNSOFT
日本 200308182003年8月18日
504i
FOMA2051、2012V、2701
iアプリ
サンソフト スペースアウト ダウンロード - -
5 メモリアル☆シリーズSUNSOFT Vol.2
日本 200708302007年8月30日
PlayStation 3
PlayStation Portable
(PlayStation Network)
サンソフト サンソフト ダウンロード - -
ファミリーコンピュータ版の移植、アトランチスの謎とのカップリング
6 ルート16ターボ
プロジェクトEGG
日本 201004202010年4月20日
Windows サンソフト サンソフト ダウンロード - -
ファミリーコンピュータ版の移植

ファミリーコンピュータ版[編集]

ルート16ターボ』(ルートシックスティーンターボ)は、1985年10月4日サン電子より発売されたファミリーコンピュータコンピュータゲームソフトである。上記『ルート16』の移植作品。プレイステーション用ソフト『メモリアル☆シリーズ サンソフト Vol.2』(2001年)に収録されたほか、携帯電話用アプリとして移植されている。また、2010年4月20日より、プロジェクトEGGで配信されている。

概要[編集]

『ルート16』のグラフィックが強化されてファミリーコンピュータに移植された作品。EASY・NORMAL・DIFFICULTの3つの難易度がある。

また、レーダーモードにおいては各小部屋に番号が振られている。

ストーリー[編集]

悪の組織『カンハルー』は、世界中の国々からお金を盗んでいた。そして秘密基地を作って、たくさんのお金を隠していた。

秘密基地をやっと探し出した君の目的は、愛車マッド・エックスに乗ってカンハルー軍団と呼ばれる自動攻撃車やモンスターの居る秘密基地の中へ踏み込み、お金の入った袋すべてを集めて来る事にある。

君は、すべてのお金を無事に集められるか………………

バグ[編集]

ステージ9が最終ステージとなっており、アイテムを全て取得してもステージクリアとはならず、自車が全滅してゲームオーバーになるのを待つだけとなるのが今までの一般的な考え方ではあったが、1周目が10面まであり全ての得点が倍になる2周目を含めた計20面が本来の姿である事が、最近になってエミュレーター等使用による一部のユーザーの解析により確認された。しかし、その際にもプログラム上の修正パッチが必要であり、実機で行う事は不可能である。

その際10面まで行かないと見られない面も存在していたり、20面をクリアするとカウントが1面に戻りループするのも確認されていることから、ステージ9で終わるというのは当初の仕様ではなく結果的なプログラミングミスによるバグである。10面に「いっき」というグラフィックが露骨に出現するためバグを意図的に入れたのではという推測もあった。しかし、サン電子はメタ表現を『アトランチスの謎』(1986年)でもラストで大っぴらにやっており、これは社風である。

その際、得点が倍になった2周目で得点の繰り上がりが正常に行われず、得点表示の桁が一部崩れる等のバグも同時に発生している。

プログラマーは、弱起の曲であるということを忘れてプログラミングしたために、NORMALモードでは曲の最後に一拍余計にA音が入力されて4拍が一時的に5拍になる。これが誤入力であるという公式の見解はないが、EASYとDIFFICULTモードにそのような不備がないことから、明らかにミスであると断定できる。

音楽[編集]

サウンドトラック
  • 『ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナル・サウンド・トラックス VOL.3』
    2004年4月21日、サイトロン・デジタルコンテンツより発売されたCD内の一作品として収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 95頁。