ルードヴィヒ・フォン・ドレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルードヴィヒ・フォン・ドレイク
Ludwig Von Drake
初登場 The Wonderful World of Color
原語版声優 ポール・フリーズ(初代)
アルバート・アッシュ(2代目)
コーリー・バートン(3代目)
日本語版声優
BVHE
大木民夫(初代)
沢りつお(2代目)
詳細情報
種族 アヒル
性別
テンプレートを表示

ルードヴィヒ・フォン・ドレイク (Ludwig Von Drake) はウォルト・ディズニー・カンパニーのアニメーションおよびコミックのキャラクター。ドナルドダックの親類(後述)。

彼が最初に紹介されたのは1961年9月24日にNBCで放映されたテレビ番組「Disney anthology television series」である。この番組内のアニメーション「An Adventure in Color」の総合司会者、また「The Spectrum Song」の歌手として登場した[1]。彼の名はおそらくルートヴィヒ・フォン・ミーゼスルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンに由来している。スクルージ・マクダックとは義弟に当たり、ドナルドとは血は繋がっていないが伯父に当たる。科学者であるだけに彼は「自分は何でも知っている」と自分の知識を誇示することが非常に多く、テレビシリーズハウス・オブ・マウスでは特に顕著であった。そのため、ミッキーと対立をしたこともあった。様々な発明をするがドナルドの伯父であるだけにおっちょこちょいな所もあり、派手な失敗したり、既にあるものを発明したり、犯罪行為ともいえる発明までもしたことがあり、騒動の原因になることもある。また、この番組ではラドウィッグ・ヴォン・ドレイクと英語の発音で呼ばれることもあった。

設定[編集]

ルードヴィヒ・フォン・ドレイクはオーストリアウィーン出身である。ドナルドの父がアメリカ人、母がスコットランド人[2]であるため、何人かの作家が彼を「ダックファミリー(ドナルドの一族)」のドイツ系の分家の者とみなしているが、その設定が有名な話に含まれることはない。 だがハウス・オブ・マウスでは作品によっては赤の他人であったこともあったがドナルドの事を甥っ子と呼んでいるので、血縁関係にある事は確からしい。初期はストーリーの進行役が多かったが「クワック・パック」や「ハウス・オブ・マウス」、「ミッキーマウス クラブハウス」などでレギュラーとして出演し、「ハウス・オブ・マウス」では彼がメインの作品もいくつか存在している。日本発の『ユニベアシティ』シリーズでは「ディズニーユニバーシティー」の教授となっている。 また、別の作家の設定によれば彼は知識を得ることに魅力を感じており、若い頃から可能な限りの科学の学位を獲得した。ある時点で教授はアメリカ合衆国に移住し、マチルダ・マクダックという既に退職していた女性と結婚した。マチルダはスクルージの妹で、ドナルドの母ホーテンス・マクダックの姉である(この設定は完全な公式ではないものの、著名なコミック作家であるドン・ローザの説として広まった)。彼女の死後は一匹狼として生活している。彼の多くの関心の中に心理学があり、ドナルドに心理学的な研究を行おうとしている。

声優[編集]

原語版声優[編集]

吹き替え版声優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cotter, Bill著 (1997)、「The Wonderful World of Disney Television - A Complete History」。New York: Hyperion Books出版、 67・76ページ。 ISBN 0-7868-6359-5
  2. ^ ドナルドのおじのスクルージ・マクダックがスコットランド人であるため、彼の姉妹もスコットランド出身になる
  3. ^ 『とっておきの物語 / ミッキーのジャックと豆の木』。
  4. ^ 『シング アロング ソング→ディズニーと歌おう』、『ハウス・オブ・マウス』、『クワック・パック』、『ミッキーマウス クラブハウス』、『ミッキーマウス! (テレビアニメ)』。