ルーベン・オリバレス 対 金沢和良戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルーベン・オリバレス 対 金沢和良
開催日 1971年10月25日
認定王座 WBAWBC世界バンタム級
開催地 名古屋
会場 愛知県体育館
放送局 東京12チャンネル

ルーベン・オリバレス 対 金沢和良
怪物
El Púas(棘)
比較データ
24 年齢 24
メキシコの旗 メキシコメキシコシティ 出身地 日本の旗北海道札幌市
66勝(61KO)1敗1分 戦績 30勝(17KO)9敗1分
クーヨ・エルナンデス 指導者 阿部幸四郎(アベボクシングジム
WBA・WBC世界バンタム級王者 評価 世界バンタム級5位
東洋バンタム級王者

結果 オリバレスの14回TKO勝ち

ルーベン・オリバレス 対 金沢和良戦(ルーベンオリバレス たい かなざわかずよしせん)は、1971年10月25日に名古屋市愛知県体育館で行われたプロボクシング世界バンタム級タイトルマッチである[1]。同年度の日本ボクシング年間最高試合に選ばれた。

解説[編集]

エピソード[編集]

ビートたけし(当時24歳)の進路選択や生き方に強い影響を与えている[2]

脚注[編集]

  1. ^ <Number読者が選ぶ> ボクシング、伝説の激闘ベスト20!(国内編) - ボクシングNumber Web 2012/12/07
  2. ^ Number 199号 ビートたけし金沢和良対談記事