ルー・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルー・ウィリアムス
Lou Williams
Louis Williams 76ers vs Wizards.jpg
シクサーズ時代のウィリアムス (2010年)
ロサンゼルス・クリッパーズ  No.23
ポジション PG/SG
背番号 23
身長 185cm (6 ft 1 in)
体重 84kg (185 lb)
シューズ Peek Sports product
基本情報
本名 Louis Tyrone Williams
愛称 Lou
ラテン文字 Lou Williams
誕生日 (1986-10-27) 1986年10月27日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州の旗ジョージア州スネルビル英語版
出身 サウスグウィネット高校 (ジョージア州)
ドラフト 2005年 45位 
選手経歴
2005-2012
2012-2014
2014-2015
2015-2017
2017-2017
2017-
フィラデルフィア・76ers
アトランタ・ホークス
トロント・ラプターズ
ロサンゼルス・レイカーズ
ヒューストン・ロケッツ
ロサンゼルス・クリッパーズ
受賞歴

ルー・ウィリアムズ(Louis Tyrone Williams1986年10月27日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれ、ジョージア州スネルビル英語版出身のバスケットボール選手。NBAロサンゼルス・クリッパーズに所属している。ポジションはガード。身長185cm、体重84kg。

経歴[編集]

地元ジョージア州サウスグウィネット高等学校英語版時代から全米に名を轟かせ、マクダナルズ・オール・アメリカンにも選出されていた。高校卒業後はジョージア大学に入学する予定だったが、2005年のNBAドラフトにエントリーを表明。2巡目45位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに指名された。

ルーキー当時はアレン・アイバーソンがいたこともあり、なかなか出場機会に恵まなかったが、アイバーソンが移籍した2006-07シーズン頃から出場時間が増えていき、主にシックスマンに定着。2010-11シーズンは、NBAシックスマン賞の投票で6位に入った[1]2011-12シーズンは、シックスマン賞の投票でジェームズ・ハーデンに次ぐ2位に入った[2]

2012年7月、地元のアトランタ・ホークスと契約。しかし、2013年1月に右膝の前十字靭帯を断裂する重傷を負って以後精彩を欠き、シクサーズ時代の活躍は出来なかった。

2014年7月にトロント・ラプターズに移籍。2014-15シーズンは80試合で平均25.2分、15.5得点1.9リバウンド2.1アシスト1.1スティールなどを記録し、シックスマン賞を初受賞[3][4]

2015年7月5日、ロサンゼルス・レイカーズに3年2100万ドルの契約で移籍した[5][6]

2017年2月21日、ヒューストン・ロケッツに移籍[7]。シックスマン賞の投票では3位に入った[8]。しかし、シーズン終了後の6月28日、クリス・ポールとの大型トレードでロサンゼルス・クリッパーズに移籍となり、僅か半年でロサンゼルスに帰還となった[9]。2018年1月20日のユタ・ジャズ戦では31得点7アシスト10スティールを記録、NBAで1試合30得点10スティールは1988年1月29日のマイケル・ジョーダン以来30年ぶりであった[10]2017-18シーズンの出場32.8分22.6得点5.3アシストはいずれも自己最高だった。

NBA個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2005–06 フィラデルフィア・76ers 30 0 4.8 .442 .222 .615 .6 .3 .2 .0 1.9
2006–07 フィラデルフィア・76ers 61 0 11.3 .441 .324 .696 1.1 1.8 .4 .0 4.3
2007–08 フィラデルフィア・76ers 80 0 23.3 .424 .359 .783 2.1 3.2 1.0 .2 11.5
2008–09 フィラデルフィア・76ers 81 0 23.7 .398 .286 .790 2.0 3.0 1.0 .2 12.8
2009–10 フィラデルフィア・76ers 64 38 29.9 .470 .340 .824 2.9 4.2 1.3 .2 14.0
2010–11 フィラデルフィア・76ers 75 0 23.3 .406 .348 .823 2.0 3.4 .6 .2 13.7
2011–12 フィラデルフィア・76ers 64 0 26.3 .407 .362 .812 2.4 3.5 .8 .3 14.9
2012–13 アトランタ・ホークス 39 9 28.7 .422 .367 .868 2.1 3.6 1.1 .3 14.1
2013–14 アトランタ・ホークス 60 7 24.1 .400 .342 .849 2.1 3.5 .8 .1 10.4
2014–15 トロント・ラプターズ 80 0 25.2 .404 .340 .861 1.9 2.1 1.1 .1 15.5
2015–16 ロサンゼルス・レイカーズ 67 35 28.5 .408 .344 .830 2.5 2.5 .9 .3 15.3
2016–17 ロサンゼルス・レイカーズ 58 1 24.2 .444 .386 .884 2.3 3.2 1.1 .2 18.6
2016–17 ヒューストン・ロケッツ 23 0 25.7 .385 .315 .867 3.0 2.4 .7 .4 14.9
2017–18 ロサンゼルス・クリッパーズ 79 19 32.8 .435 .359 .880 2.5 5.3 1.1 .2 22.6
通算:13年 861 109 24.4 .420 .348 .834 2.1 3.1 .9 .2 13.7

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2008 フィラデルフィア・76ers 6 0 22.5 .400 .222 .733 2.0 2.0 1.0 .0 12.0
2009 フィラデルフィア・76ers 6 0 24.8 .412 .375 .667 2.5 2.8 .5 .2 9.7
2011 フィラデルフィア・76ers 5 0 26.0 .327 .300 .737 1.6 3.0 1.0 .0 10.8
2012 フィラデルフィア・76ers 13 0 27.5 .352 .167 .788 2.1 3.0 1.0 .0 11.5
2014 アトランタ・ホークス 7 0 19.0 .380 .313 .938 2.3 1.1 1.0 .1 8.3
2015 トロント・ラプターズ 4 0 25.5 .314 .190 .833 1.8 1.3 1.5 .1 12.8
2017 ヒューストン・ロケッツ 11 0 24.7 .424 .308 .897 2.7 1.3 0.6 .1 12.5
出場:7回 52 0 24.6 .376 .254 .799 2.2 2.1 .9 .1 11.2

プレースタイル[編集]

公称185cmというサイズということもあり、ポジション的にはPGだが、プレースタイルそのものはSGにあたる。短時間で高得点を稼ぐスタイルはシックスマンに適しているといえる。守備力はあまり高くないものの、先発出場をした試合で50得点をマークするなど攻撃面ではエースとしても活躍することが可能なほどの活躍を見せている。

エピソード[編集]

シクサーズ時代、フィラデルフィア市内を自家用車で運転中、10代の少年に拳銃を向けられるという出来事があった。さすがにウィリアムスは「命の危険を感じた」という。しかしウィリアムスは、少年に犯行を思いとどまるように説得し、少年の気持ちを落ち着かせた。その後ウィリアムスは、少年を車に乗せ、食事をおごったという。少年は拳銃を向けた相手がウィリアムスだと知り、ウィリアムスがフィラデルフィアで慈善事業を熱心に取り組んでいたのを知っていたことで、犯行を思いとどまったのだという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010-11 NBA Awards Voting”. Basketball-Reference.com. 2018年6月23日閲覧。
  2. ^ 2011-12 NBA Awards Voting”. Basketball-Reference.com. 2018年6月23日閲覧。
  3. ^ ラプターズのL・ウィリアムズがシックスマン賞を初受賞”. NBA.com (2015年4月21日). 2015年4月22日閲覧。
  4. ^ Raptors' Lou Williams wins 2014-15 Kia NBA Sixth Man Award”. NBA.com (2015年4月21日). 2015年4月22日閲覧。
  5. ^ Sources: Lakers reach deal with Sixth Man of the Year Lou Williams
  6. ^ リポート:レイカーズがL・ウィリアムズ、B・バスと契約合意”. NBA.com. 2015年7月6日閲覧。
  7. ^ Lakers trading Lou Williams to the Houston Rockets
  8. ^ 2016-17 NBA Awards Voting”. Basketball-Reference.com. 2018年6月23日閲覧。
  9. ^ Clippers will trade Chris Paul to Rockets for Dekker, Williams, Beverley, Harrell and a pick
  10. ^ Lou Williams becomes 1st player since MJ to record 30 points and 10 steals” (英語). en:theScore Inc. (2018年1月21日). 2018年6月23日閲覧。
  • ルー・ウィリアムズ --- ドラフト情報 --- DraftExpress.com (英語)