ルー・クリスティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルー・クリスティ
Lou Christie.png
基本情報
出生名 Lugee Alfredo Giovanni Sacco
生誕 (1943-02-19) 1943年2月19日(76歳)
出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州[1]
ジャンル ポップス
職業 歌手シンガーソングライター
活動期間 1962年 -
共同作業者 トゥイラ・ハーバート英語版
公式サイト LOU CHRISTIE OFFICIAL WEB SITE

ルー・クリスティ(Lou Christie、1943年2月19日 - )は、アメリカ合衆国の男性歌手シンガーソングライターである。1960年代にファルセットが特徴的な楽曲を複数ヒットさせた。

略歴[編集]

1962年、女性ミュージシャンのトゥイラ・ハーバート英語版と共同制作した『悲しきジプシー占い(英語: The Gypsy Cried (song)』で地元レコード会社からデビューする[2]。同曲がルーレットレコード英語版 から再発売され全米24位を記録する。

1963年、『悲しき笑顔(英語: Two Faces Have I』が全米6位を記録する。

1965年、『恋のひらめき』(MGMレコード)が全米1位を記録する。

1969年発表のアルバム『I'm Gonna Make You Mine』(ブッダ・レコード)収録曲の『魔法(She Sold Me Magic)』が全英25位、オリコン総合チャートで7位のヒットを記録する。

1986年、レスリー・ゴーアとのデュエットメドレー『Since I Don't Have You/It's Only Make Believe英語版』(米マンハッタンレコード)を発売する。

エピソード[編集]

ジョン・レノンが「影響を受けたミュージシャンの一人である」と公言している[2][3]

出典[編集]