レイク・フロント・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

レイク・フロント・パークLake Front Park)は、アメリカイリノイ州シカゴにかつてあった野球場である。

1878年5月14日、ナショナルリーグシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)の本拠地としてオープン。1883年シーズン終了後に客席を大幅に増設し、当時としては最大級となる10,000人収容の野球場となった。その一方でフィールドは左翼まで186フィート(約56.7メートル)、中堅まで300フィート(約91.4メートル)、右翼まで196フィート(約59.7メートル)と、かなり狭いものになった。あまりに狭いため、1883年シーズンはレフトフェンスを越えた打球を「二塁打」とするルールとしていたが、1884年シーズンにこのルールは撤廃された。前年カブスの本塁打数はチーム全体で13本だったが、1884年にはチームの本塁打数が142本を数えた。

1884年シーズン終了後にホワイトストッキングスはウエスト・サイド・パークへ移転した。同じ時期にナショナルリーグは、この球場のあまりの狭さに「外野を本塁から最低210フィート(約64.0メートル)まで広くしなければならない」という規則を制定したという逸話が残っている。

前本拠地:
23rdストリート・グラウンズ
1874 - 1877
シカゴ・カブスの本拠地
1878 - 1884
次本拠地:
ウエスト・サイド・パーク
1885 - 1915