レイトンブラザーズ・ミステリールーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レイトンブラザーズ・ミステリールーム
ジャンル タッチ推理ゲーム
対応機種 iPhone / iPod touch / iPad / Android
開発元 マトリックス
発売元 レベルファイブ
人数 1人
発売日 日本の旗2012年9月21日
テンプレートを表示

レイトンブラザーズ・ミステリールーム』 (LAYTON BROTHERS MYSTERY ROOM)は、レベルファイブから2012年9月21日に発売のiOS用ソフトである。

概要[編集]

レイトン教授の息子、アルフェンディ・レイトンと、彼の助手で見習い分析官のルーシー・クレイラが、現場証拠と関係者の証言から事件を分析し、解決に導く推理ゲーム。

当初はニンテンドーDS用ソフト『ミステリールーム』(アタマニアシリーズの第3弾)として2010年に発売予定だったが[1]、延期を繰り返し[2]、2011年10月15日の「LEVEL 5 VISON 2011」でiOS用ソフト『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』として発売されることが発表され、主人公2人も変更された[3]

また、本作のBGM担当に著名ゲームミュージックコンポーザーの古代祐三を起用している。

登場人物[編集]

アルフェンディ・レイトン
主人公スコットランドヤードの事件分析官。父であるエルシャール・レイトンゆずりの鋭い洞察力と推理力を持っている。
ルーシー・クレイラ
ヒロイン。見習い分析官。レイトンのことを「教官」と呼ぶ。

エピソード[編集]

  • File No.0 〜序章〜
  • File No.1 サンドイッチに挟まれた女
  • File No.2 コソ泥と悪女と消えた凶器
  • File No.3 舞台で女優を殺す理由
  • File No.4 暴れる死体に気をつけろ
  • File No.5 リクエストは殺人
  • File No.6 さらば、愛しのギャング
  • File No.7 地下室の少女
  • File No.8 ラドモンド城の奇怪な殺人
  • File No.9 殺人者アルフェンディ・レイトン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一歩も外に出ることなく事件を解決――「ミステリールーム」”. ITmedia Gamez (2009年8月25日). 2011年10月20日閲覧。
  2. ^ 「アタマニア」シリーズ第3弾『ミステリールーム』最新情報!”. エンタジャム (2010年10月20日). 2011年10月20日閲覧。
  3. ^ 『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』レベルファイブ初のiOS向けアプリが電撃発表!”. ファミ通App (2011年10月15日). 2011年10月20日閲覧。