レイトン教授と怪人ゴッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイトン教授と怪人ゴッド
小説
著者 柳原慧
イラスト 長野拓造・高村律欧・椎野央子
出版社 小学館
発売日 2009年12月16日
話数 全6章+エピローグ
その他 ISBN 978-4092897243
テンプレート - ノート

プロジェクト ライトノベルPJ ライトノベル
ポータル 文学

レイトン教授と怪人ゴッド』(レイトンきょうじゅとかいじんゴッド)は、小学館より2009年12月16日に発売された小説。原作は日野晃博、原案、監修は株式会社レベルファイブ、著者は柳原慧

概要[編集]

本作はレイトン教授シリーズノベル作品第2弾となっている。サイズはB6判で、全319ページ。

あらすじ[編集]

ロンドンの街をにぎわす怪人ゴッドとレイトン教授との壮大な知恵比べがいま始まる……!

登場人物[編集]

エルシャール・レイトン
本作の主人公。イギリスロンドンにあるグレッセンヘラーカレッジで考古学を教える教授。
ルーク・トライトン
自称レイトンの弟子。動物と話すことが出来るという特技を持つ。レイトン教授にあこがれている。
レミ・アルタワ
自称レイトンの助手。写真が趣味。格闘技が得意。
クランプ・グロスキー警部
スコットランドヤード所属。
レイシー・ロラン
敏腕の女性捜査官。
クローリー館長
ロンドン博物館の館長。
レスター巡査
若き警察官。
怪人ゴッド
ロンドンを騒がせている仮面の怪盗。

ナゾ[編集]

ナゾ制作は、ゲーム本編のナゾも担当している小野寺紳による。イラストは高村律欧。全14問収録。

書誌情報[編集]