レインボーエンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社レインボーエンタテインメント
Rainbow Entertainment Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0011
東京都渋谷区東2−17-10 岡本LKビル2F
設立 2003年(平成15年)7月7日
業種 サービス業
法人番号 1011001040702
事業内容 CD、ビデオ、ミュージックテープ等音楽ソフトの企画・制作・販売。国内外の楽曲の原盤制作、著作権管理業務。 演奏家、歌手、作家等のマネージメント。
代表者 代表取締役社長 栗田秀一
資本金 2000万円
純利益 594万2000円(2018年03月31日時点)[1]
総資産 1億9275万6000円(2018年03月31日時点)[1]
従業員数 8名
外部リンク http://rainbow-e.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社レインボーエンタテインメントは、日本の芸能プロダクション

概要[編集]

SMエンターテインメントの日本法人「SMエンタテインメントジャパン」の初代社長だった栗田秀一が2003年に設立。

芸能プロダクションとしてのマネジメント業務の一方で、複数のレコード会社と共同で独自レーベルを立ち上げ、新人アーティストの育成などを行っている。

2016年には独自の音楽情報サイトとして「ミーティア(MEETIA)」をオープンさせた。

所属アーティスト[編集]

元所属アーティスト[編集]

レーベル[編集]

SISTUS RECORDS (2006年〜2007年) GNCX-
ジェネオンエンタテインメントとの共同レーベル[2]
Knock up! (2011年〜2015年) KUP-
タワーレコードとの共同レーベル。主にタワーレコードの新人オーディション「Knockin'on TOWER's Door」出身者の作品をリリースする。
AZtribe (2004年〜2011年) AZT-
自主レーベル。クラブミュージックを主に扱う。
  • i-dep (2004年〜2009年)
  • cargo (2004年〜2011年)
  • MEG (2007年)
  • Fusik (2007年)
  • note native (2008年〜2011年)
  • Mary (2008年〜2010年)
  • Leisure Central (2008年〜2009年)
  • DJ KANBE (2009年)
  • SINSUKE FUJIEDA GROUP (2009年)
レインボーエンタテインメント (2004年〜) REP-,RPC-,POCS-,他

脚注[編集]

[ヘルプ]