レイ・マッカラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レイ・マッカラム
Ray McCallum
Ray McCallum Jr. 2 Darüşşafaka Tekfen 20181120 (2).jpg
CBマラガ
ポジション PG
身長 188cm (6 ft 2 in)[1]
体重 86kg (190 lb)
ウィングスパン 191cm  (6 ft 3 in)[2]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Ray Michael McCallum, Jr
愛称 Ray-Mac 3
ラテン文字 Ray McCallum
誕生日 (1991-06-12) 1991年6月12日(27歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州の旗 ウィスコンシン州マディソン
出身 デトロイト大学
ドラフト 2013年 2巡目 36位 キングス 
選手経歴
2013-2015
2015-2016
2016
2016-2017
2017
2017-
サクラメント・キングス
サンアントニオ・スパーズ
メンフィス・グリズリーズ
グランドラピッズ・ドライブ (Dリーグ)
シャーロット・ホーネッツ
スペインの旗 CBマラガ
キャリアスタッツ
NBA
Stats Basketball-Reference

レイ・マイケル・マッカラム・ジュニア (Ray Michael McCallum, Jr 1991年6月12日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州マディソン出身のプロバスケットボール選手。身長188cm、体重86kg。ポジションはポイントガード

来歴[編集]

ハイスクール[編集]

ミシガン州の "ミスター・バスケットボール" の投票で3位だったマッカラムは、2010年にマクダナルズ・オール・アメリカン、パレード誌のオール・アメリカンに選出され[3]、大学進学に際し、ESPNのリクルートサイトで、全体17位の格付けを受けた[4]

カレッジ[編集]

UCLAアリゾナ大学オクラホマ大学フロリダ大学からのリクルートを受けたものの、父がヘッドコーチを務める地元のデトロイト大学に進学[5]。4年間プレーした後に2013年のNBAドラフトサクラメント・キングスから36位で指名された[6][7]

NBA[編集]

サクラメント・キングス[編集]

1年目は45試合に出場。2年目の2014-15シーズンは、ダレン・コリソンが怪我でシーズン途中から全休したこともあり、68試合出場で30試合をスタメンで出場し、低迷するキングスを支えた。

サンアントニオ・スパーズ[編集]

2015年7月9日、将来のドラフト2巡目指名権と交換で、サンアントニオ・スパーズに移籍し[8]、FAでトロントへ移籍したコーリー・ジョセフの務めていた第3ポイントガードとしての起用が期待されていたが、選手層の厚いスパーズの中で力を発揮することが出来ず、2016年2月29日に、アンドレ・ミラーの入団に伴い、ロースター枠を空けるために解雇された[9][10][11]

メンフィス・グリズリーズ[編集]

2016年3月12日、マイク・コンリーマリオ・チャルマーズなど、ポイントガード陣に負傷者が続出したメンフィス・グリズリーズ10日間契約で加入[12]。その日のアトランタ・ホークス戦で早速27分間出場し、13得点を記録した[13]が、同月31日に解雇された[14]

グランドラピッズ・ドライブ[編集]

2016年7月25日、デトロイト・ピストンズと契約した[15]ものの、シーズン開幕直前に解雇。29日に傘下のグランドラピッズ・ドライブに送られ[16]Dリーグで平均18,2得点を記録したマッカラムは、2017年2月4日にシャーロット・ホーネッツ10日間契約を結んだ[17]

ヨーロッパへ[編集]

2017年7月31日、リーガACBCBマラガと契約した[18]

NBA スタッツ[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2013–14 キングス 45 10 19.9 .377 .373 .744 1.8 2.7 0.5 0.2 6.2
2014–15 キングス 68 30 21.1 .438 .306 .679 2.6 2.8 0.7 0.2 7.4
2015–16 スパーズ 31 3 8.3 .403 .313 .900 1.0 1.1 0.2 0.1 2.2
2015–16 グリズリーズ 10 3 21.9 .354 .385 '.600 1.6 2.7 0.7 0.3 6.9
Career 154 46 18.2 .408 .335 .711 2.0 2.4 0.5 0.2 6.0

脚注[編集]

[ヘルプ]