レウ (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レウ
Reu.jpg
ペレグの子、レウ
子供 セルグ
ペレグ

レウリウ[1])は、旧約聖書の『創世記』に登場する人物。セムの子孫でアブラハムの先祖にあたる。

『創世記』の記述によれば、32歳のときセルグを生み、その後息子や娘をもうけて239歳まで生きたという[2]

脚注[編集]

  1. ^ 新共同訳ではレウ。口語訳ではリウ
  2. ^ 創世記11章18-21節

参考文献[編集]