レオニード・クロイツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レオニード・クロイツァー
生誕 (1884-03-13) 1884年3月13日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルク
死没 (1953-10-30) 1953年10月30日(66歳)
日本の旗 日本東京都
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト

レオニード・クロイツァー(Leonid Kreutzer, ロシア語: Леонид Давидович Крейцер, Leonid Davidovič Krejcer, 1884年1883年説もある)3月13日サンクトペテルブルク - 1953年10月30日東京都)は、ドイツ日本で活躍したロシア生まれのピアニスト指揮者。ロシア語読みではレオニート・ダヴィードヴィチ・クレーイツェル。ユダヤ系ドイツ人を両親に持つ。妻は門下生だったクロイツァー豊子(旧姓・織本)。養女のクロイツァー涼子はソプラノ歌手。

来歴[編集]

サンクトペテルブルク音楽院アンナ・エシポワピアノを、アレクサンドル・グラズノフ作曲を学ぶ。

1906年ライプツィヒに移住。ここでアルトゥル・ニキシュに師事し、指揮を学んだ。

1908年ベルリンに移住、このころからピアニスト・指揮者として活動する。1911年にはモスクワで、セルゲイ・ラフマニノフ自作自演のピアノ協奏曲第2番の指揮をしたこともあった。

1915年、シリンダー蓄音機ショパンマズルカなどが録音される。これがクロイツァーの初レコーディングとみなされている[1]

1921年から1933年までベルリン音楽大学の教授を務める。

1931年に初めて来日する。2年後に再来日し、近衛秀麿の求めに応じて帰独せず1937年から死去まで東京音楽学校(現:東京芸術大学)教授をつとめた。また、茅ヶ崎市に定住してピアニスト、指揮者として活動した。

1942年ナチス・ドイツ欠席裁判によって国籍を剥奪され、無国籍となる。

1951年5月、滞日20年記念演奏会を開くが、この頃より体調を崩しがちになる。1952年2月4日、門下生で東京芸術大学ピアノ科講師の織本豊子と結婚、五反田に居を移す。

1953年10月28日青山学院講堂でのリサイタル中に心筋梗塞を起こし、2日後の30日午後6時30分、狭心症により死去。

ショパン全ピアノ作品の校訂版(音楽之友社)、『装飾音』(1948年、大化書房)、『或る音楽家の美学的告白』(1950年、大化書房)などを著作するとともに、ピアノ曲など作品も残している。

ゆかりのある日本人(門下生外)[編集]

指揮者の小澤征爾は、日比谷公会堂で、クロイツァーがピアノを弾きながら「皇帝」を指揮したのを見て、指揮者になる決心をした。

1949年に東京芸術大学の声楽科に入学した大賀典雄は、クロイツァーの授業(ピアノ科以外の学生にも門戸が開かれていた)をたびたび見学しており、当時クロイツァー門下生だった松原緑と後に結婚することになる[2]

YMO細野晴臣の母方の祖父である中谷孝男は(中谷は国立音楽大学音響工学科講師で、ピアノ調律師でもあった)、クロイツァーのマネージャーも務めていた。

加山雄三1951年頃、家が近所だったため指導を望んだが、クロイツァーは別のピアノ教師を紹介した。これをきっかけに加山自身はクロイツァーが紹介した女性教師の下で本格的にピアノを始め、のちに「弾厚作」としてピアノ協奏曲を作曲するまでになった。

門下生[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 現在、「「レコーディングの夜明け」~ジュリアス・ブロックのシリンダー録音集」に収録。
  2. ^ 山本尚志『レオニード・クロイツァー その生涯と芸術』音楽之友社、2006年、推薦文