レオニード・スルツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レオニード・スルツキー Football pictogram.svg
Russia sbor 2016 (6).jpg
名前
本名 レオニード・ヴィクトロヴィチ・スルツキー
Leonid Viktorovich Slutsky
ラテン文字 Leonid Slutsky
ロシア語 Леонид Викторович Слуцкий
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1971-05-04) 1971年5月4日(48歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ヴォルゴグラード
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989 ソビエト連邦の旗 FCズベズダ・ゴロジシチェ 13 (0)
監督歴
2000 ロシアの旗 FCオリンピア・ヴォルゴグラード
2003-2004 ロシアの旗 FCエリスタ
2005-2007 ロシアの旗 FCモスクワ
2008-2009 ロシアの旗 クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ
2009-2016 ロシアの旗 PFC CSKAモスクワ
2015-2016 ロシアの旗 ロシア代表
2017 イングランドの旗 ハル・シティAFC
2018-2019 オランダの旗 フィテッセ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

レオニード・ヴィクトロヴィチ・スルツキーЛеони́д Ви́кторович Слу́цкий, Leonid Viktorovich Slutsky1971年5月4日 - )は、ロシアの元サッカー選手サッカー指導者。現役時代のポジションはGK。メディアによってはレオニド・スルツキの表記もみられる[1]。ロシアのモウリーニョとも呼ばれる[2]

来歴[編集]

選手時代

6歳の時に父親を亡くし、母親の生活を助けるためプロサッカー選手の道へ進む。19歳の時に友人のネコを助けた際に木から落下し左膝を粉砕骨折。この怪我によって選手生活を終えた[3]

指導者へ

現役引退後は指導者になることを目指し、ボルゴグラード国立体育大学に入学。さらに同大学院に進み首席で卒業する[3]

2004年よりFCモスクワのリザーブチームを指導し、翌2005年にトップチームの監督に就任。2007年にはクラブ史上最高の4位に導いた。2008年から翌年まではクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラを指揮した。

CSKAモスクワ

2009年10月26日、シーズン途中にファンデ・ラモスの後任としてCSKAモスクワの監督に就任[4]。周囲の期待以上の手腕を発揮してチームを建てなおすと[5]、リーグ戦を5位で終えUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得。チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝まで勝ち進み、ロシアリーグ所属チーム史上初のベスト8進出。しかし、ジョゼ・モウリーニョ率いるインテルの前に敗退した。

2010-11シーズンはリーグ戦を2位で終えCLの出場権を確保。ELのグループリーグは6試合で勝ち点16、得点18、失点3、得失点差+15という圧倒的な強さで突破。ギリシャのPAOKテッサロニキを倒してベスト16に駒を進めたが、その年のヨーロッパリーグ王者になるFCポルトの前にホーム・アンド・アウェー合計1-3で敗れた。ロシア・カップでは前年の二冠王者ゼニト・サンクトペテルブルク、同じモスクワを本拠地とするスパルタク・モスクワを破って決勝進出。2011年5月22日に行われた決勝戦ではアラニア・ウラジカフカスを2-1で破り、監督として初のタイトルを獲得した。

就任3年目の2011-12シーズンはイゴール・アキンフェエフ本田圭佑トマーシュ・ネツィドマルク・ゴンサレスら主力の負傷離脱に苦しむ。リーグ戦はゼニト、スパルタク・モスクワに次ぐ3位。CLは最下位で迎えたグループステージ最終節のインテルナツィオナーレ・ミラノ戦では1-2で勝利を収め、逆転で2季ぶりとなる決勝トーナメント進出を果たしたが[6][7]、モウリーニョ監督のレアル・マドリーに敗れベスト16に終わった。シーズン終了後には辞表を提出したが、会長の慰留を受け続投が決まった[8]

12/13シーズンはエースであったドゥンビアの怪我による長期離脱があったが本田圭佑やムサ、新戦力のエルムの活躍によりリーグ優勝、ロシアカップ優勝、ロシアスーパーカップ優勝の三冠を飾った。

フィテッセ[編集]

フリーだった本田圭佑を獲得したが、まもなく5連敗の責任を取る形で辞任した[9]

ロシア代表

2015年8月、ファビオ・カペッロの後任としてCSKAモスクワ監督と兼任でロシア代表監督に就任した[10]。監督就任後、ロシアはUEFA EURO 2016予選・グループGで4連勝を飾り、2位で本大会出場権を獲得した[11]

監督成績[編集]

2019年11月29日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
モスクワ 2005年7月14日 2007年11月11日 89 39 26 24 120 102 +18 043.82
クリリヤ・ソヴェトフ 2008年1月1日 2009年10月26日 59 22 19 18 77 61 +16 037.29
CSKAモスクワ 2009年10月26日 2016年12月7日 287 160 57 70 474 284 +190 055.75
ロシア代表 2015年8月7日 2016年6月20日 13 6 2 5 23 17 +6 046.15
ハル・シティ 2017年6月9日 2017年12月3日 21 4 7 10 34 39 −5 019.05
フィテッセ 2018年3月12日 2019年11月29日 62 27 15 20 114 90 +24 043.55
合計 531 258 126 147 842 593 +249 48.59

タイトル[編集]

指導者[編集]

PFC CSKAモスクワ

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com、goal.comなど
  2. ^ ロシア代表でも手腕を示したいスルツキ監督”. UEFA.com (2015年8月10日). 2015年10月14日閲覧。
  3. ^ a b <CSKA躍進の鍵> レオニード・スルツキ 「謎の青年監督の正体」(2/2) Number Web 2010年5月8日
  4. ^ CSKAモスクワ、わずか15日で監督解任 nikkansports.com 2009年10月27日
  5. ^ <CSKA躍進の鍵> レオニード・スルツキ 「謎の青年監督の正体」(1/2) Number Web 2010年5月8日
  6. ^ 終盤の勝ち越し点でCSKAが決勝T進出uefa.com、2011年12月27日閲覧。
  7. ^ CSKA 本田圭ら主力欠場も、大逆転で1次L突破! sponichi.co.jp、2011年12月27日閲覧。
  8. ^ 本田のCSKA監督が続投=ロシア・サッカー 時事ドットコム 2012年6月1日
  9. ^ 本田圭佑、初フル出場も逆転で5連敗 スルツキー監督が辞任を表明「責任感じる」(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年12月1日閲覧。
  10. ^ ロシア代表、CSKAのスルツキ監督が兼任へ”. UEFA.com (2015年8月7日). 2015年10月14日閲覧。
  11. ^ ロシア、スルツキ新監督の下で復活”. UEFA.com (2015年10月12日). 2015年10月14日閲覧。