レオン (ブルターニュ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオンの位置
レオンの旗

レオンまたはペイ・ド・レオン (Léon 、Pays de Léon、Léonais[1]ブルトン語:bro Leon)は、フランスブルターニュの地方。レオン司教区に相当するかつての伯領であった。古い名をLoonoisといった[2]。一時はレオン子爵やレオン領主が治めたがその後分割された。レオンには男爵領、代官区が含まれ、徴税の行われる管区でもあった。

東側の境界はモルレー川、南側はアレ山地のふもと、コルヌアイユとの境界はエロルン川である。モルレーの町はモルレー川左岸にあり、右岸はトレゴール地方となる。

中世にはレオン司教が当時率いるレオン子爵領の他、1185年にブルターニュ公ジョフロワ2世が設置したブルターニュ三部会(fr)に出席する7つの男爵領の1つがレオンであった。地方の政権をレオン司教伯が握っていたとき、男爵領をたやすく手中に収めたのはロアン家で、14世紀に彼らはレオン子爵領の相続人となった。そしてロアン家はペイ・ド・ヴァンヌテにおいてもロアン男爵領を所有していた。ロアン家は、ブルターニュ女公アンヌ・ド・ブルターニュがフランス王シャルル8世と1491年に結婚したことによって、アンヌがブルターニュ公国の宗主権を失ったとみなし、1491年以降レオン公(prince du Léon)の称号を名乗るようになった(レオンが正式に公爵領であったことはない)。現在でもレオン公の称号は儀礼称号として残っており、現ロアン公爵ジョスラン・ド・ロアン(fr、元ブルターニュ地域圏知事でもある政治家)の長男アラン・ド・ロアンがレオン公を名乗っている。

レオン住民は隣接するトレゴール住民やコルヌアイユの住民に対して、伝統的に強い競争心をもっており、『3人とも同じフィニステール県人であるが、レオン住民はコルヌアイユ住民ではないし、トレゴール住民と混同してはならない。』という格言があるほどである[3]。レオン住民は非常に宗教心が篤く、保守的で、ビジネスに長けており、宗教心がレオン住民より浅く、良い暮らしを求めるその隣人たちとは異なる。現代の政治では、レオン住民は伝統的に右派に投票する傾向にあるが、トレゴールやコルヌアイユはより左派にひかれている[4]

レオンの主要コミューン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Voir par exemple fr:Jean-Baptiste Ogée, "Dictionnaire historique et géographique de la province de Bretagne" en 4 volumes, Nantes, 1778-1780.
    La version originale, numérisée en 2010 par l’Université d’Ottawa, est archivée et disponible librement en ligne : volume 1, volume 2, volume 3, volume 4 (archive.org), ou la nouvelle édition revue et augmentée en 1843 par A. Marteville et P. Varin (Google Books)
  2. ^ J. Bédier, Le roman de Tristan et Iseut, I, p. 2, Art H. Piazza, Paris, 1946. (Les références médiévistes sont innombrables, celle-ci n'en est que la plus célèbre.)
  3. ^ Mikaela Kerdraon, Xavier Grall, page 31, éditions An Here, Ar Releg-Kerhuon, 2001, 2-86843-215-8.
  4. ^ Identité mentale des Léonards : Dictionnaire d’histoire de Bretagne, page 444, ouvrage collectif, Skol Vreizh, Morlaix, 2008, (ISBN 978-2-915623-45-1).