レオ・シャープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レオ・シャープ
Leo Sharp
生誕 (1924-05-07) 1924年5月7日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州ミシガン・シティ
死没 (2016-12-12) 2016年12月12日(92歳没)
職業 園芸家

レオ・シャープ(Leo Sharp、1924年5月7日 - 2016年12月12日)は、アメリカ合衆国園芸家である。

経歴[編集]

1924年5月7日、インディアナ州ミシガン・シティに生まれる[1]ミシガン州デトロイトで育った[1]

高校を卒業したのち、アメリカ陸軍に入隊し[2]第88歩兵師団英語版に所属した[3]第二次世界大戦イタリア戦線に従軍し、ブロンズ・スター・メダルを授与された[1]

戦後、ミシガン・シティ近郊に46エーカーの農地を持ち、ブルックウッド・ガーデンズを起業した[2]。1990年代中盤までには、デイリリー栽培の達人として知られるようになった[2]。しかし、顧客がインターネット経由で種子を購入するようになると、彼の事業はデジタルの世界に適応できず、低迷した[2]

2009年、シナロア・カルテルの運び屋に就いた[2]。彼の愛称は、スペイン語で「おじいさん」を意味する「エル・タタ」であった[2]。2011年まで麻薬の運び屋を務めた彼は、合計1,400ポンド以上の麻薬を運んだことを認めている[1]。麻薬の運び屋を務めた理由については、デイリリーと同じようにコカインは人々を幸せにする植物だからである、と語った[4]

2016年12月12日、92歳で死去[5]。彼の遺体は国立太平洋記念墓地英語版に埋葬された[2]

大衆文化[編集]

2018年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演の映画『運び屋』は、『ニューヨーク・タイムズ』のサム・ドルニックの記事「The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule」に基づいている[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Mack, Justin L. (2018年11月26日). “This is the true story of Clint Eastwood's movie 'The Mule' and drug runner Leo Sharp”. The Indianapolis Star. 2018年12月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Kaplan, Michael (2018年12月8日). “How this elderly gardener became El Chapo's most unlikely partner”. New York Post. 2018年12月17日閲覧。
  3. ^ Pearl, Mike (2014年5月1日). “An 89-Year-Old Drug Mule Is Threatening to Kill Himself”. Vice. 2018年12月17日閲覧。
  4. ^ Goudie, Chuck; Weidner, Ross (2017年7月28日). “Leo Sharp epitaph: He was the world's oldest drug mule”. ABC7 Chicago. 2018年12月17日閲覧。
  5. ^ Lengel, Allan (2018年12月14日). “Video: A Detroit DEA Agent, An Old Man And Clint Eastwood's Movie 'The Mule'”. Deadline Detroit. 2018年12月17日閲覧。
  6. ^ Dolnick, Sam (2018年12月5日). “The Long Path From My Desk to a Clint Eastwood Film”. The New York Times. 2018年12月17日閲覧。
  7. ^ Debruge, Peter (2018年12月12日). “Film Review: Clint Eastwood in 'The Mule'”. Variety. 2018年12月17日閲覧。

関連文献[編集]