レガシー (マジック:ザ・ギャザリング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レガシー(旧タイプ1.5)は、マジック・ザ・ギャザリングの大会ルール(フォーマット)のひとつ。

このフォーマットではいままでに発売されたすべての基本セットとすべてのエキスパンションのカードが使用できる。 入門セット(ポータルなど)のカードやプロモーションカードも使用可能である。このようなフォーマットには他にヴィンテージがあるが、レガシーには制限カードが無く、禁止カードのみである。

フォーマットの特徴としてはパワー・ナインを筆頭としたパワーカードが軒並み禁止されている事もあり、カードプールの割には低速な環境。しかし他カードの禁止基準も「先行2ターン目で勝負を決めるデッキ」となっており、決して速度をおろそかにはしてはいけない環境となっている。

以前は、日本では競技人口が少なめのフォーマットであったが、都市圏を中心に競技人口が上昇傾向にあり、草の根大会の数も増えてきている。2015年にはグランプリ京都15にて、日本初のレガシーグランプリが開催された。

Magic Onlineでもサポートされているが、基本的にサポートされているカードが第7版以降/ミラージュ・ブロック以降となっており、特殊セットに収録されているの一部カードが手に入らない事もあり、アナログ環境とは違うデッキを要求される。

禁止カード[編集]

2018年2月現在、アンティに関するすべてのカード9枚、カード・タイプが「策略」であるカード(コンスピラシー、コンスピラシー:王位争奪に収録されているドラフト専用カード)25枚と、以下のカードが禁止カードとして指定されている。

  • Ancestral Recall
  • 天秤/Balance
  • Bazaar of Baghdad
  • Black Lotus
  • チャネル/Channel
  • Chaos Orb
  • Demonic Consultation
  • Demonic Tutor
  • 時を越えた探索/Dig Through Time
  • 大地の知識/Earthcraft
  • Falling Star
  • Fastbond
  • 閃光/Flash
  • 大あわての捜索/Frantic Search
  • ゴブリン徴募兵/Goblin Recruiter
  • 噴出/Gush
  • 隠遁ドルイド/Hermit Druid
  • 伝国の玉璽/Imperial Seal
  • Library of Alexandria
  • 魔力の墓所/Mana Crypt
  • マナ吸収/Mana Drain
  • 魔力の櫃/Mana Vault
  • 記憶の壺/Memory Jar
  • 精神的つまづき/Mental Misstep
  • 精神錯乱/Mind Twist
  • 精神の願望/Mind's Desire
  • Mishra's Workshop
  • Mox Emerald
  • Mox Jet
  • Mox Pearl
  • Mox Ruby
  • Mox Sapphire
  • 神秘の教示者/Mystical Tutor
  • ネクロポーテンス/Necropotence
  • ドルイドの誓い/Oath of Druids
  • 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top
  • Shahrazad
  • 頭蓋骨絞め/Skullclamp
  • 太陽の指輪/Sol Ring
  • 露天鉱床/Strip Mine
  • 適者生存/Survival of the Fittest
  • Time Vault
  • Time Walk
  • Timetwister
  • 修繕/Tinker
  • トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy
  • 宝船の巡航/Treasure Cruise
  • 吸血の教示者/Vampiric Tutor
  • Wheel of Fortune
  • 意外な授かり物/Windfall
  • ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain
  • ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will