レギナ・スメンジャンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

レギナ・スメンジャンカRegina Smendzianka1924年10月9日 - 2011年9月15日)は、ポーランドピアニスト

人物[編集]

トルン生まれ。クラクフ国立音楽アカデミーを卒業した直後、ちょうど再開したフレデリック・ショパン国際ピアノコンクールの11位に入賞した。1950年から1955年にズビグニェフ・ジェヴィエツキの弟子となり、つづいて国際的な経歴を打ち立てた。スメンジャンカはショパン音楽アカデミーの教授を1996年まで務め、短い間ではあるが学長を務めた。1970年、1980年、1995年、2000年のショパンコンクールの審査員を務めた。

2011年9月15日、ワルシャワで死去[1]。86歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pianist Regina Smendzianka dies Polskie Radio 2011-9-16

参考文献[編集]