レコード・アカデミー大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

レコード・アカデミー賞(レコード・アカデミーしょう)は、音楽之友社の月刊誌レコード芸術が主催する賞で、その1年間に日本のレコード会社から発売されたクラシック分野のディスク中から、全15部門の担当選定委員の合議により決定される、優れた演奏に贈られる賞。レコード芸術誌1月号に受賞作が掲載される。 1963年から続く、日本におけるクラシック録音において最も権威ある賞の一つである。

選定要領[編集]

第1次選考(部門賞)[編集]

年間のレコード芸術特選盤の中から、レコード芸術新譜月評担当者を含む選定委員が合議により部門賞を選定する。

第2次選考(大賞、銀賞、銅賞)[編集]

各部門賞の中から、全選定委員の投票によって決定する。得票数1位が「大賞」、2位「銀賞」、3位「銅賞」。

受賞部門[編集]