レサス民主共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

レサス民主共和国(レサスみんしゅきょうわこく、:Democratic Republic of Leasath)とは、バンダイナムコゲームスPlayStation PortableフライトシューティングゲームACE COMBAT X Skies of Deception』、iPhoneiPod touch用フライトシューティングゲーム『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』に登場する架空国家

概要[編集]

レサス民主共和国は、エースコンバットシリーズストレンジリアル世界に存在する国家のひとつである[1]。『エースコンバットX』および『エースコンバットXi』において主人公が所属するオーレリア連邦共和国と敵対する国家として登場する[注 1]

南オーシア大陸の中部に位置しており、国土から南のダナーン諸島も領土としている。南西はオーレリア連邦共和国と接しており、北東と北と西は国名不明の国々と接している。南東はオーレリア海に面している。

国名の英語表記は基本的に「Democratic Republic of Leasath」が使われるが、一部には「Peoples Republic of Leasath」という表記も見られる[2]

歴史[編集]

古くから不安定な情勢が続き、ついには「レサス内戦」と呼ばれる長きに渡る内戦状態に突入した。内戦によって国全体が疲弊しており、国民の生活は貧窮している。レサス政府はオーレリアから多額の支援金を受け取っていたが、レサス軍総司令官のディエゴ・ナバロによって全額が兵器購入に費やされることとなった。レサス内戦は2019年に終結した。

ディエゴ・ナバロは内戦を終結に導いた英雄として讃えられ、国内で確固たる地位を獲得した。内戦末期頃から国内では「内乱に乗じてオーレリアが搾取している」、「レサスを復興させるにはそれを取り戻さなければならない」とする噂や言説が流れた。オーレリアはレサスに対して資金援助を続けてきた国家で事実無根のデマであったが、ナバロ総司令官はこの言説を唱え、2020年10月にレサス軍はオーレリアへの侵攻を開始した。約10日でオーレリア領の95%を勢力圏に置いたが、オーレリア軍の反攻により12月にはレサス軍はオーレリア領内から撤退を強いられた。一連の戦争はナバロ総司令官が擁する軍需産業が製造する兵器のデモンストレーションを目的としたものだったが、ジャーナリストのアルベール・ジュネットによって不正が全世界に露呈した。

地理[編集]

  • アレンダル(Alendal) - レサス民主共和国首都。内戦による破壊から再建された大型スタジアムがあり、困窮するレサス国内でも比較的発展した都市。
  • ダナーン諸島(Danarn Islands) - レサス南部に位置する諸島で、レサス本土とはダナーン海峡によって隔てられている。3つの大型の島と周囲を囲む多数の小島から構成され、中にはセントリー島やコバルトコーブ等、軍事施設として使われている島もある。
  • セントリー島(Sentry Island) - ダナーン諸島南東部に位置する小島。レサス軍によってアーケロン工場要塞が極秘に建設され、島全体が要塞化している。
  • コバルトコーブ(Cobalt Cave) - ダナーン諸島南部に存在する大型の洞窟。新兵器研究施設、衛星管制施設、物資貯蔵庫等の洞窟を利用した軍事施設が存在する。

軍事[編集]

陸海空軍を保持、オーレリアと同じように国内に基地を持つものとされる。オーレリア占領後はサチャナ基地を主な空軍基地として使用する。さらに、オーレリアが開発中であったメソン・カノンや完成度の高い光学迷彩を完成させるなど、オーレリアにも劣らない科学技術力を持っている。

レサス海軍は本国の経済状況からは推測できないほど強力な水上艦隊を多数保持し、オーレリアの水上艦隊と至るところで戦闘を繰り広げる。セントリー島防衛作戦に投入された、空母二隻と戦艦一隻を主力としたアルマーダ艦隊が存在する。他にも揚陸艦隊等、多数の艦隊が存在する模様。

陸軍でもその規模は大きく、ミラー隊、ハムレット隊(化学兵器を扱う特殊部隊)、スキュラ隊などの大中規模部隊を保持し、スタンドキャニオンでは孤立していたオーレリア軍のデイビス隊を窮地に追い詰める。

空軍ではファルコン隊、フォックス隊(無線より)など多数の航空部隊が存在し、中でもアレクト隊は最強と語られている。また、「空中要塞グレイプニル」や、特殊大型VTOL攻撃機フェンリアなどのレサスが独自に開発した航空機も見られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 両作品共に『エースコンバット7』公式サイトにおいて、正式にストレンジリアルの作品であると明言されていない点には留意が必要である。

出典[編集]

  1. ^ 『ACES at WAR A HISTORY 2019』、146-147頁。
  2. ^ 『エースコンバットXi』、ミッション1、ブリーフィング

関連項目[編集]