レジェプ・ペケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メフメト・レジェプ・ペケル
Mehmet Recep Peker
RECEP PEKER.jpg

トルコの旗 トルコ共和国
第15代首相
任期 1946年8月7日1947年9月10日

出生 1889年2月5日
イスタンブール
死去 1950年4月1日
イスタンブール
政党 共和人民党

メフメト・レジェプ・ペケルMehmet Recep Peker, 1889年2月5日1950年4月1日)は、トルコ軍人政治家1946年から1947年にかけてトルコ共和国首相を務めた。その他共和人民党事務局長や閣僚を歴任した。

経歴[編集]

イスタンブール生まれ。陸軍士官学校を卒業後、1907年にオスマン帝国軍事省に入省、伊土戦争バルカン戦争に従軍した。第一次世界大戦ではバルカン半島戦線やカフカース戦線英語版で従軍した。1919年にオスマン帝国軍を離れ、トルコ革命に参加するためアナトリア半島に向かい、少佐として第20軍団に配属された。1920年にトルコ大国民議会事務局に入る。1923年にキュタヒヤ代表として議員となる。この間、大国民議会派の新聞で主筆を務めたりもした。

1924年に内相に就任、1925年から1927年にはイスメト・イノニュ内閣で国防相、1929年には同内閣で国民教育相を務めた。1931年には一党独裁制の与党・共和人民党事務局長に就任する。ケマル・アタテュルク大統領やイノニュ首相に次いで「第三の人物」「実力者」と呼ばれた。1936年のモントルー条約に全権代表として調印したが、おそらくはファシスト政権のイタリアナチス・ドイツ寄りの政策を主張していたために、この年アタテュルクにより権力の座から遠ざけられた。

第二次世界大戦後の1946年8月7日、イノニュ大統領の指名により首相に就任した。この時期はトルコが一党独裁制から多党制に移行する過渡期で、この年に野党民主党の結成が許可された。首相退任の2年後にイスタンブールで死去した。


先代:
アブデュルハリク・レンダ
トルコ共和国財務相
1924年
次代:
アブデュルハリク・レンダ
先代:
フェリト・テク
フィクリ・テュゼル
トルコ共和国内相
1924年1925年
1942年1943年
次代:
ジェミル・ウイバドゥン
ヒルミ・ウラン
先代:
フェトヒ・オクヤル
トルコ共和国国防相
1925年1927年
次代:
アブデュルハリク・レンダ
先代:
ヒュセイン・ワスフ・チュナル
トルコ共和国国民教育相
1929年
次代:
ジェマル・ヒュスニュ・タライ