レッドシューズ・ドゥーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レッドシューズ・ドゥーガン
プロフィール
本名 Raymond J.Gedeon
誕生日 1911年12月22日
死亡日 (2001-03-26) 2001年3月26日(89歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタモニカ
テンプレートを表示

レッドシューズ・ドゥーガンJohnny "Red Shoes" Dugan1911年12月22日[1] - 2001年3月26日[1][2])は、アメリカ合衆国プロレスレフェリーである。本名は、Raymond J.Gedeon[1][2]。日米のプロレス界で1970年代を代表する名レフェリーとして活躍した[3]。かつて日本のメディアでは、レッドシューズ・ズーガンとも表記された[3]

来歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身[1][2]警察官を経験したのちプロレスに転向し、ライトヘビー級のプロレスラーとして活躍。レフェリー転向後はロサンゼルス地区で活躍。軽快かつ厳格なレフェリングと、レッドシューズのニックネーム通り常に「赤いシューズ」を履いて試合に臨むのが特徴である。

日本にも頻繁に登場している。初来日は1972年に行われた日本プロレスの第14回ワールドリーグ戦である。

1973年の日本プロレス崩壊後は新日本プロレスでレフェリングを行った。力道山フレッド・ブラッシーのWWA世界ヘビー級選手権や、1975年12月12日アントニオ猪木ビル・ロビンソンNWF世界ヘビー級選手権試合など、日本で行われた世界タイトルマッチを数多く裁いた。

アメリカで行われた力道山対ブラッシーのWWA世界戦では、力道山の流血を強引にレフェリーストップ・力道山王座転落に持ち込むなど、「伏魔殿」といわれたWWA(ロサンゼルス版)で数々の謀略にかかわったことでも有名である。この頃のことを来日時のインタビューで竹内宏介に質問された時、当時WWAはとっくに消滅していたにもかかわらず、「忘れた」「よく覚えていない」ととぼけ通したという。竹内は後にこのことについて「こうした口の堅さも彼が名レフェリーとうたわれた一因だったのだろう」と語っている。

2001年3月26日パーキンソン病により死去[2]。89歳没。

メディア出演[編集]

関連項目[編集]

  • レッドシューズ海野 - 新日本プロレスのレフェリー(審判部長)で、彼を敬愛しての赤いシューズと赤い肘サポーターがトレードマーク。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Red Shoes Dugan - wrestlingdata.com、2014年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c d Johnny Dugan - cagematch.net、2014年2月3日閲覧。
  3. ^ a b レッドシューズ・ズーガン - ミスター高橋オフィシャルBLOG 『新日本プロレス黄金期を飾った悪役たちの素顔』、2014年2月3日閲覧。
  4. ^ Rocky III (1982) Full Cast & Crew - The Internet Movie Database (IMDb)、2014年2月3日閲覧。