レッドブル・ブラジル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レッドブル・ブラジル
原語表記 Red Bull Brasil
愛称 Toro Loko, RBB,
RB Brasil
クラブカラー 白・赤・紺
創設年 2007年
所属リーグ カンピオナート・ブラジレイロ(全国選手権)
カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)
所属ディビジョン 全国選手権セリエD(2020年時点)
サンパウロ州選手権セリエA2(2020年時点)
ホームタウン カンピーナス
ホームスタジアム エスタジオ・モイゼス・ルカレッリポルトガル語版
収容人数 19,722
代表者 ブラジルの旗 チアゴ・スクーロ(CEO)
監督 ブラジルの旗 ヴィニシウス・ムニョス英語版
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

レッドブル・ブラジルポルトガル語: Red Bull Brasil)は、ブラジルサンパウロ州カンピーナスを本拠地とするサッカークラブ。2007年11月に世界的飲料メーカーのレッドブルが設立。2019年以降は、同企業が設立したクラブ「レッドブル・ブラガンチーノ」のジュニアチームとして存続している。

歴史[編集]

2007年11月、レッドブル・ザルツブルクニューヨーク・レッドブルズなどのサッカークラブを所有するオーストリアのグループ企業「レッドブル」により設立。翌2008年のカンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)の下位リーグ参加から活動を始める。

2009年、チームはカンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)4部に相当するセグンダ・ジヴィゾンで優勝した。2010年チームは1つ上のセリエA3に昇格した。またこの年開催されたコパ・パウリスタは初参戦ながら決勝まで進んだ。

2011シーズンはやや低迷したが、翌2012シーズンは躍進し、セリエA2レギュラーシーズンを3位で終えた[1]。しかし準決勝で敗れ昇格は成らなかった[2]

2014年、セリエA1昇格[3]

2015年、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエD(全国選手権4部)へ初参戦[4]

2019年、親会社レッドブル・グループが、当時カンピオナート・ブラジレイロ・セリエBにいたCAブラガンチーノを合弁し「レッドブル・ブラガンチーノ」を設立[5]。本体の経営が同クラブに移り、役員や主要スタッフはブラガンチーノに異動。レッドブル・ブラジル自体は、U-23以下を基準とするRBブラガンチーノ傘下のジュニアチームとして存続することになり、これまで通り下位リーグの参加を継続している。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]