レッドブル・RB15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レッドブル・RB15
2019 Formula One tests Barcelona, Gasly (40248356523).jpg
ピエール・ガスリーがドライブするRB15
(プレシーズンテストにて)
カテゴリー F1
コンストラクター レッドブル
デザイナー エイドリアン・ニューウェイ
CTO
先代 レッドブル・RB14
主要諸元
エンジン ホンダ RA619H
1.6L V6ターボ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム アストンマーティンレッドブル・レーシング
ドライバー オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
フランスの旗 ピエール・ガスリー(第1戦〜第12戦)
タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン(第13戦〜)
出走時期 2019年
表彰台(3位以内)回数 5
初戦 2019年オーストラリアGP
初勝利 2019年オーストリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
14 2 1 5
テンプレートを表示

レッドブル・RB15 (Red Bull RB15) は、レッドブル・レーシング2019年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

2019年2月13日、特別カラーリングで初披露され[1]シルバーストン・サーキットでシェイクダウンを実施した[2]

本年からパワーユニット(以下PUと表記)がホンダに変更され[3]チーフテクニカルオフィサーエイドリアン・ニューウェイがマシン製作の仕事に完全復帰した[4]

マシン全体の形状は前年のRB14を踏襲しているが、アッパーアームの前方、モノコック側の取り付け位置、モノコックの角度などに変化が見られる。サイドポッドは非常に小さく、かつ他チームのマシンよりも高い位置に設けられている。コンパクトなホンダPUに改まったことで、エンジンカウルが小さくなり、リアサスペンションのプルロッドはフロアを盛り上げる様にして取り付けている。サイドポンツーンがコンパクトにまとまったことで、リアタイヤ前方のフロアの面積が大きくなった[5]。PUの性能向上を図るため、インダクションポッド開口部の面積はRB14より大きくしている[6]

2019年シーズン[編集]

ドライバーはマックス・フェルスタッペンが残留し、トロ・ロッソからピエール・ガスリーが昇格した。

プレシーズンテストではマシントラブルという点では重大なトラブルもなかったが、ガスリーが2度のクラッシュを起こしたことによりテスト計画に狂いが生じ[7]、これがシーズン前半のセットアップの苦戦の要因となってしまった[8]

シーズン前半は、メルセデス他を圧倒する戦闘力を発揮する形でスタート。開幕戦こそフェルスタッペンが3位表彰台を獲得したものの、ガスリーは予選戦略のミスでQ1敗退の17番手となってしまったうえに決勝でペースを上げられず11位完走で終わった。 フライアウェイの序盤3戦を通じて、シャシー性能の課題やセットアップの難しさが判明し[9]、その理由としてはタイヤの規格変更と空力ルールの改訂の対応が上手くいっていないことが原因とした[10]。また、それに絡んで、ダウンフォース不足[11]も判明し、その対応に追われた。 それでも、フェルスタッペンは第2戦から第8戦まで入賞や数度の3位表彰台を獲得し、第6戦ではラップリーダーのハミルトンを追い詰めたりしたが、前年のような特定のコースでの優位性を発揮するまでには至っておらず、苦戦気味であった。そのうえ、考慮すべき点はあるがガスリーの方はマシンとのマッチングに苦戦しメディアから度々更迭のうわさが出るほどであった[12]

そんななか、第8戦あたりでマシン開発が追いつき、空力性能を意識したとされるパーツを投入した第9戦で結果を出すこととなった[13]。フェルスタッペンがスタートに失敗したものの、レースで挽回。メルセデスが熱対策に失敗した苦戦するなか快走し、終盤フェラーリシャルル・ルクレールとのバトルを制し、トップでチェッカーフラッグを受けた。この際、バトルが審議対象となったものの、お咎めなしとなり優勝が確定。この結果、フェルスタッペン及びレッドブルのホームグランプリでの2連覇、ホンダF1としては13年ぶり優勝を飾ることとなった[14]。また、第11戦ではミックスウェザーのレースとなり、メルセデス勢がその対応に失敗したことやフェラーリ勢の予選の不発も後押しした面もあるが、最後までミスをしなかったフロントロースタートのフェルスタッペンがレースを攻略し優勝。今季2勝目を飾った[15]。また、第12戦ハンガリーGPではタイヤ戦略によりハミルトンの逆転勝利を許したものの、フェルスタッペンが自身初、チームとしては今季初、そしてF1の歴史上100人目のポールポジションを獲得[16]。プレシーズンテスト時の取材でレッドブルの幹部であるヘルムート・マルコがコメントした「今季5勝」[17]の達成の可能性を残してシーズン前半を終えた。

8月12日、第13戦ベルギーGPからアレクサンダー・アルボンがRB15のステアリングを握ることになる。ガスリーはトロロッソに降格となった。そして、同GPだが、フェルスタッペンが序盤の接触により今季初のリタイア。レッドブルとして初レースとなったアルボンは、PU交換ペナルティにより後方スタートながらも5位入賞と幸先の良いスタートを切った。

スペック[編集]

[18]

シャシー[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BHR
バーレーンの旗
CHN
中華人民共和国の旗
AZE
アゼルバイジャンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
RUS
ロシアの旗
JPN
日本の旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2019 33 オランダの旗 フェルスタッペン 3 4 4 4 3 4 5 4 1 5 1 2 Ret 8 266* 3位*
10 フランスの旗 ガスリー 11 8 6 Ret 6 5 8 10 7 4 14 6
23 タイ王国の旗 アルボン 5 6

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “レッドブル、今年はシェイクダウンを実施。準備万端でバルセロナへ”. AUTOSPORTweb. (2019年2月13日). http://www.as-web.jp/f1/451665?all 2019年2月17日閲覧。 
  2. ^ レッドブルRB15のシェイクダウンが無事終了。「ホンダとともに成功を目指す上で重要な一日」とチーム代表”. AUTOSPORTweb (2019年2月14日). 2019年2月17日閲覧。
  3. ^ ホンダ・レッドブルF1が誕生。2019年から2年間のパワーユニット供給で合意”. AUTOSPORTweb (2018年6月19日). 2019年2月17日閲覧。
  4. ^ “鬼才ニューウェイ、ホンダとの新シーズンに備えてF1マシン設計の仕事に完全復帰”. formula1-data. (2018年9月16日). https://formula1-data.com/article/newey-focus-on-redbull-honda 2019年2月17日閲覧。 
  5. ^ “F1新車”雑感”解説:レッドブル・ホンダRB15……巧妙に隠された? ”鬼才”によるボディワーク”. motorsport.com. (2019年2月14日). https://jp.motorsport.com/f1/news/f1-newcar-2019-redbull-honda-RB15/4336956/ 2019年2月17日閲覧。 
  6. ^ F1技術分析ピックアップ:レッドブル、ホンダPUのパフォーマンス向上のためインダクションポッドを大型化”. AUTOSPORTweb (2019年3月9日). 2019年3月10日閲覧。
  7. ^ 【レッドブル密着】不完全燃焼に終わったF1テスト最終日。2度のクラッシュを演じたガスリーは苦しい立場に autosport web (2019年3月2日)、同年4月1日閲覧。
  8. ^ レッドブル、セットアップ改善に希望の光? スペインGPまでに空力修正へ jp.motorsport.com (2019年4月6日)、同年4月8日閲覧。
  9. ^ レッドブルはもっと速くなる?「開幕戦はシャシーが最適とは程遠かった」 jp.motorsport.com (2019年3月29日)、同年4月1日閲覧。
  10. ^ レッドブル、今季の苦戦は“タイヤと新エアロ規定”のダブルパンチが要因か jp.motorsport.com (2019年5月16日)、同年5月20日閲覧。
  11. ^ レッドブル・ホンダ、RB15が抱える空力問題は「非力なルノーエンジンが原因」 formula1-data.com (2019年5月11日)、同年5月20日閲覧。
  12. ^ ピエール・ガスリーは「弱すぎる」とレッドブル首脳 www.topnews.jp (2019年7月31日)、同年8月1日閲覧。
  13. ^ レッドブル、マックス・フェルスタッペンにだけアップグレードを投入 f1-gate.com(2019年7月3日) 2019年8月5日閲覧
  14. ^ 【レッドブル・ホンダ】ホーナー代表「激しいバトルこそF1だ。ホンダはF1復帰後初勝利、ホームGPで優勝、夢が叶った気分だ」 www.topnews.jp (2019年7月1日)、同年7月1日閲覧。
  15. ^ フェルスタッペン、一丸となって掴んだ勝利「ホンダとの2勝目、最高に嬉しい結果」F1ドイツGP《決勝》2019 formula1-data.com (2019年7月9日)、同年7月29日閲覧。
  16. ^ 速報:フェルスタッペンがキャリア初のポールポジションを獲得 formula1-data.com (2019年8月3日)、同年8月5日閲覧。
  17. ^ レッドブル首脳「目標は5勝以上を挙げてフェルスタッペンでタイトルを獲ること」。マクラーレンは2019年も最後尾との予想も www.as-web.jp(2019年3月5日) 2019年8月5日閲覧
  18. ^ “RB15”. レッドブル・レーシング. (2019年2月13日). https://redbullracing.redbull.com/car/rb15 2019年2月18日閲覧。