レッド・ガーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レッド・ガーランド
出生名 William Garland
生誕 1923年5月13日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州
ダラス
死没 (1984-04-23) 1984年4月23日(60歳没)
ジャンル ジャズ
担当楽器 ピアノ
レーベル プレスティッジ・レコード
コンテンポラリー・レコード
コロムビア・レコード
共同作業者 マイルス・デイヴィス
ジョン・コルトレーン
アート・ペッパー

レッド・ガーランド (William "Red" Garland、1923年5月13日 - 1984年4月23日) は、アメリカテキサス州ダラス出身のジャズピアニスト

ボクサーという異色の経歴を持つ彼の音楽は、クラリネットなど管楽器から始まった。1946年頃からニューヨークを中心にチャーリー・パーカーレスター・ヤングなどのバックを務めた。1955年マイルス・デイヴィスのバンドに入り活躍した。

ブロック・コードを活かしたガーランド節とよばれるスタイルで人気を得る。

プレステイッジ・レーベルにリーダーアルバムを残す一方でジョン・コルトレーンや、他多くのセッションにも参加した。1962年には引退するが、1970年代半ばにカムバックした。1984年心臓病のため死去。

ディスコグラフィ[編集]

1950年代
  • 『ア・ガーランド・オブ・レッド』 - A Garland of Red(1956年8月録音)(Prestige #7064) 1957年
  • 『レッド・ガーランズ・ピアノ』 - Red Garland's Piano(1956年12月~1957年3月録音)(Prestige #7086) 1957年
  • 『レッド・ガーランド・リヴィジテッド!』 - Red Garland Revisited!(1957年5月録音)(Prestige #7658) 1969年
  • 『グルーヴィー』 - Groovy(1956年12月~1957年8月録音)(Prestige #7113) 1957年
  • 『ザ・P.C.ブルース』 - The P.C. Blues(1956年5月~1957年8月録音)(Prestige #7752) 1970年
  • 『オール・モーニン・ロング』 - All Mornin' Long(1957年11月録音)(Prestige #7130) 1958年
  • 『ソウル・ジャンクション』 - Soul Junction(1957年11月録音)(Prestige #7181) 1960年
  • 『ハイ・プレッシャー』 - High Pressure(1957年11月、12月録音)(Prestige #7209) 1961年
  • ジョン・コルトレーンと共同名義, 『ディグ・イット!』 - Dig It!(1957年3月~1958年2月録音)(Prestige #7229) 1961年
  • 『イッツ・ア・ブルー・ワールド』 - It's a Blue World(1958年2月録音)(Prestige #7638) 1970年
  • 『マンテカ』 - Manteca(1958年4月録音)(Prestige #7139) 1959年
  • 『キャント・シー・フォー・ルッキン』 - Can't See for Lookin'(1958年6月録音)(Prestige #7276) 1963年
  • 『ロホ』 - Rojo(1958年8月録音)(Prestige #7193) 1961年
  • 『ザ・レッド・ガーランド・トリオ』 - The Red Garland Trio(1958年11月21日録音)(Moodsville) 1960年
  • 『オール・カインズ・オブ・ウェザー』 - All Kinds of Weather(1958年11月27日録音)(Prestige #7148) 1959年
  • 『レッド・イン・ブルースヴィル』 - Red in Blues-ville(1959年4月録音)(Prestige #7157) 1959年
  • 『サテン・ドール(モア・フロム・プレリュード)』 - Satin Doll(1959年8月、10月録音)(Prestige #7859) 1971年
  • リル・ダーリン』 - Lil' Darlin'(1959年10月2日録音)(Status ST-8314) 1959年(ライヴ)
    • 『ライヴ!』 - Red Garland Live!(1959年10月2日録音)(Prestige/New Jazz) 1965年(ライヴ)
    • 『レッド・ガーランド・アット・ザ・プレリュード』 - Red Garland at the Prelude(1959年10月2日録音)(Prestige #7170) 1971年(ライヴ)
  • The Red Garland Trio + Eddie "Lockjaw" Davis(1959年12月録音)(Moodsville) 1959年
1960年代
  • 『レッド・アローン』 - Red Alone(1960年4月2日録音)(Moodsville) 1960年
    • 『アローン・ウィズ・ザ・ブルース』 - Alone with the Blues(1960年4月2日録音)(Moodsville) 1960年
  • 『ハレルー・ヤ・オール』 - Halleloo-Y'-All(1960年7月録音)(Prestige #7288) 1960年
  • 『ソウル・バーニン』 - Soul Burnin'(1959年8月~1961年3月録音)(Prestige #7307) 1964年
  • 『ブライト・アンド・ブリージー』 - Bright and Breezy(1961年7月録音)(Jazzland) 1961年
  • 『ホエン・ゼア・アー・グレイ・スカイズ』 - When There Are Grey Skies(1962年10月録音)(Prestige #7258) 1963年
1970年代以降
  • 『ザ・クオータ』 - The Quota(1971年5月録音)(MPS) 1973年
  • 『アウフ・ヴィーダーゼーン』 - Auf Wiedersehen(1971年5月録音)(MPS) 1971年
  • 『グルービン・ライブ』 - Groovin' Live (Alfa Jazz) 1974年(ライヴ。CDは『同II』と併せて2枚組。)
    • 『グルービン・ライブII』 - Groovin' Live II (Alfa Jazz) 1974年
  • 『キーストンズ!』 - Keystones!(1977年5月録音)(Xanadu) 1977年
  • 『レッド・アラート』 - Red Alert(1977年12月録音)(Galaxy) 1978年
  • フィリー・ジョー・ジョーンズロン・カーターと共同名義, 『クロッシングス』 - Crossings(1977年12月録音) (Galaxy) 1978年
  • Feelin' Red(1978年5月録音)(Muse) 1979年
  • I Left My Heart...(1978年5月録音)(Muse) 1985年(ライヴ)
  • 『イクイノックス』 - Equinox(1978年8月録音)(Galaxy) 1979年
  • 『ステッピン・アウト』 - Stepping Out(1979年7月録音)(Galaxy) 1981年
    • 『ソー・ロング・ブルース』 - So Long Blues(1979年7月録音)(Galaxy) 1984年
    • 『ストライク・アップ・ザ・バンド』 - Strike Up the Band(1979年7月録音)(Galaxy) 1982年