レッド・スネイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
レッド・スネイク
Sœurs d'armes/Sisters in Arms
監督 Caroline Fourest
脚本 Caroline Fourest
製作
  • Jad Ben Ammar
  • Samuel Hadida
  • Leo Maidenberg
出演者
音楽 Mathieu Lamboley
配給 日本の旗クロックワークス
公開 フランスの旗2019年10月9日
日本の旗2021年4月9日
上映時間 112分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
イタリアの旗 イタリア
モロッコの旗 モロッコ
言語 英語
製作費 € 5.6 million
テンプレートを表示

『レッド・スネイク』英語: Sisters in Armsフランス語: Sœurs d'armes)は、カロリーヌ・フレストが脚本・監督を務めた、歴史的な出来事に基づいたフランスの戦争ドラマ映画。この映画は2019年10月に公開された。

あらすじ[編集]

ケンザヤエルは、クルド軍と一緒に戦うためにシリアに行く2人の若いフランス人女性である。そこで彼らは、ヤズィーディーの生存者であるザラに出会う。異なる文化で生まれたが、深く団結した女性戦士たちは、過去の傷を癒し、現在の強さ、特に敵に刺激を与える恐れを見い出す。 3人の若い女性はすぐに結びつき、真の銃で繋がった姉妹="Sisters-in-Arms"になる。

キャスト[編集]

  • ザラ - ディラン・グウィン
  • 司令官 - アミラ・カサール
  • ケンザ - カメリア・ジョルダナ
  • ヤエル - エスター・ガレル
  • マザー・サン - マヤ・サンサ
  • スナイプ - ナンナ・ブロンデル
  • 有志連合のエージェント - パスカル・グレゴリー
  • クルダ夫人 - ヌーシュ・スカウゲン
  • アル・ブリターニ - マーク・ライダー
  • 司令官 - コルクマズ・アルスラン
  • El Tounsi - Youssef Douazou

製作[編集]

『レッド・スネイク』は、560万ユーロの予算で、カロリーヌ・フレストによって書かれ、監督された [1]

このプロジェクトは、2018年1月にタイトルを『Red Snake』としたうえで発表された [2]

脚注[編集]

  1. ^ Sisters in Arms, Feature Film, 2018–2019”. Crew United. 2019年10月24日閲覧。
  2. ^ Keslassy (2018年1月11日). “Rising Stars Topline French Debut Feature About Female Kurdish Warriors”. Variety. 2019年10月24日閲覧。