レディースジョッキーズシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レディースジョッキーズシリーズは、日本地方競馬全国協会が主催し、2006年から2011年まで行われた女性騎手のための騎手招待競走シリーズである。正式名称には西暦を含める(例:2006年はレディースジョッキーズシリーズ2006が正式名称)。

正賞は 全国公営競馬馬主連合会会長賞、主催者県馬主協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、主催者県知事賞、主催者競馬組合管理者賞、日本中央競馬会理事長賞、企画運営協議会賞、オッズパーク株式会社賞。

概要[編集]

女性騎手の活躍や人数は男性騎手に比べて少なく、そのような女性騎手にスポットを当てる騎手招待競走として古くは1981年の東北地方公営競馬主催者協議会がアメリカで活躍している5人の女性騎手を招き実現した「レディースカップ'81」[1]をはじめインターナショナルクイーンジョッキーシリーズ、卑弥呼杯(中津競馬場)、駒子賞(新潟競馬場)が行われ、2004年からは全日本レディース招待(荒尾競馬場)が行われていた。2006年に全日本レディース招待を拡張する形でこのシリーズが設けられることとなった。しかし、女性騎手の引退により、次第に出場選手が減少。2011年は6人にまで減少したため、この年をもって休止されることとなった。[1]

なお中央競馬所属騎手は騎手服がないため、この期間に限り特別登録勝負服を着用していた。

過去の成績[編集]

レディースジョッキーズシリーズ2006[編集]

荒尾競馬場高知競馬場名古屋競馬場の3競馬場で2競走ずつ計6競走で行われ、各ラウンドごとでの順位を決定する。その順位を元にポイントを付け、合計ポイントで優勝を争った。なお、2006年は地方競馬所属の女性騎手の全員である10名がシリーズを通じて参戦(第3ラウンドでは1名が出場できなかった)。また、荒尾競馬場は全日本レディース招待として開催した。10名の他に地方競馬の騎手免許を取得している女性はばんえい競馬の2名のみである。また、荒尾・高知・名古屋の3競馬場はいずれも女性騎手が所属している競馬場でもある。中央競馬所属の増沢由貴子騎手、西原玲奈騎手は全日本レディース招待のみ参戦した。第3戦の名古屋競馬場は日付は2007年であるが、会計年度は2006年度内である。

ラウンド 日付 競馬場
第1戦 2006年11月15日 荒尾競馬場(全日本レディース招待)
第2戦 2006年12月9日 高知競馬場
第3戦 2007年1月5日 名古屋競馬場

結果[編集]

順位 騎手 ポイント
第1位 山本茜 62pt
第2位 別府真衣 48pt
第3位 皆川麻由美 45pt

(4位以下)宮下瞳(37pt)、森井美香(32pt)、池本徳子(26pt)、平山真希(21pt)、牛房由美子(8pt)、笹木美典(6pt)、岩永千明(5pt)

レディースジョッキーズシリーズ2007[編集]

前年は中央競馬所属の2名の女性騎手はシリーズ通しての参戦が出来なかったが2007年は全て平日開催のためシリーズ通しての参戦となり、地方・中央の垣根を越えた女性騎手のチャンピオン決定戦となった。また、開催時期も11月の3週間程度の期間の短期決戦に改められた。

ラウンド 日付 競馬場
第1戦 2007年11月5日 水沢競馬場
第2戦 2007年11月13日 荒尾競馬場
第3戦 2007年11月22日 浦和競馬場

出場騎手とポイント表[編集]

騎手名 所属 水沢ラウンド 2戦合計 荒尾ラウンド 4戦合計 浦和ラウンド 最終合計
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦
宮下瞳 愛知 5着9P 4着11P 20P(6位) 2着15P 1着20P 55P(1位) 9着4P 1着20P 79P
別府真衣 高知 2着15P 5着9P 24P(3位) 4着11P 4着11P 46P(3位) 1着20P 3着13P 79P
皆川麻由美 岩手 1着20P 7着6P 26P(1位) 10着3P 3着13P 42P(5位) 2着15P 4着11P 68P
牛房由美子 浦和 7着6P 2着15P 21P(4位) 1着20P 5着9P 50P(2位) 10着3P 9着4P 57P
平山真希 浦和 6着7P 3着13P 20P(5位) 9着4P 9着4P 28P(7位) 3着13P 2着15P 56P
増澤由貴子 JRA美浦 3着13P 11着2P 15P(8位) 3着13P 10着3P 31P(6位) 4着11P 6着7P 49P
山本茜 愛知 9着4P 1着20P 24P(2位) 7着6P 2着15P 45P(4位) 除外0P 除外0P 45P
岩永千明 荒尾 10着3P 10着3P 6P(11位) 5着9P 6着7P 22P(9位) 6着7P 5着9P 38P
西原玲奈 JRA栗東 4着11P 9着4P 15P(7位) 8着5P 8着5P 25P(8位) 8着5P 7着6P 36P
池本徳子 福山 11着2P 6着7P 9P(10位) 6着7P 中止3P 19P(10位) 5着9P 10着3P 31P
森井美香 高知 8着5P 8着5P 10P(9位) 11着2P 7着6P 18P(11位) 7着6P 8着5P 29P
  • 最終成績で宮下瞳と別府真衣が同点となったが最終レースの先着者を上位とするため、宮下が優勝。
  • 笹木美典は落馬負傷のため欠場。山本茜は体調不良のため第3ラウンドを欠場。

レディースジョッキーズシリーズ2008[編集]

2007年までは女性騎手が所属している競馬場だけが舞台だったが、2008年は女性騎手が所属していない金沢競馬場が加わる。

ラウンド 日付 競馬場
第1戦 2008年11月18日 金沢競馬場
第2戦 2008年11月28日 高知競馬場
第3戦 2008年12月3日 荒尾競馬場

出場騎手とポイント表[編集]

騎手名 所属 金沢ラウンド 2戦合計 高知ラウンド 4戦合計 荒尾ラウンド 最終合計
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦
別府真衣 高知 5着9P 3着13P 22P(4位) 2着15P 4着11P 48P(2位) 4着11P 2着15P 74P
増澤由貴子 JRA美浦 1着20P 4着11P 31P(1位) 9着4P 8着5P 40P(6位) 3着13P 1着20P 73P
皆川麻由美 岩手 10着3P 9着4P 7P(10位) 3着13P 1着20P 40P(4位) 2着15P 7着6P 61P
平山真希 浦和 8着5P 2着15P 20P(5位) 6着7P 2着15P 42P(3位) 8着5P 3着13P 60P
岩永千明 荒尾 6着7P 1着20P 27P(2位) 1着20P 6着7P 54P(1位) 10着3P 中止3P 60P
西原玲奈 JRA栗東 3着13P 6着7P 20P(5位) 4着11P 5着9P 40P(5位) 5着9P 6着7P 56P
森井美香 高知 9着4P 7着6P 10P(8位) 7着6P 7着6P 22P(10位) 1着20P 4着11P 53P
池本徳子 福山 2着15P 5着9P 24P(3位) 5着9P 10着3P 36P(7位) 6着7P 9着4P 47P
宮下瞳 愛知 4着11P 8着5P 16P(7位) 8着5P 9着4P 25P(9位) 7着6P 5着9P 40P
笹木美典 北海道 7着6P 10着3P 9P(9位) 10着3P 3着13P 25P(8位) 9着4P 8着5P 34P
  • 最終成績で平山真希と岩永千明が同点となったが最終レースの先着者を上位とするため、平山が4位に。
  • 山本茜はニュージーランド遠征のため欠場。

レディースジョッキーズシリーズ2009[編集]

ラウンド 日付 競馬場
第1戦 2009年11月16日 水沢競馬場
第2戦 2009年11月26日 荒尾競馬場
第3戦 2009年12月7日 高知競馬場

出場騎手とポイント表[編集]

騎手名 所属 水沢ラウンド 2戦合計 荒尾ラウンド 4戦合計 高知ラウンド 最終合計
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦
山本茜 愛知 1着20P 7着6P 26P(2位) 1着20P 3着13P 59P(1位) 2着15P 3着11P 85P
別府真衣 高知 5着9P 10着3P 12P(8位) 5着9P 5着9P 30P(7位) 1着20P 2着15P 65P
平山真希 浦和 8着5P 2着15P 20P(5位) 2着15P 1着20P 55P(2位) 6着7P 10着 3P 65P
池本徳子 福山 3着13P 5着9P 22P(4位) 10着3P 10着3P 28P(8位) 4着11P 1着20P 59P
岩永千明 荒尾 中止3P 3着13P 16P(6位) 3着13P 4着11P 40P(4位) 中止3P 3着13P 56P
西原玲奈 JRA栗東 2着15P 1着20P 35P(1位) 9着4P 8着5P 44P(3位) 9着4P 7着6P 54P
森井美香 高知 7着6P 9着4P 10P(10位) 4着11P 7着6P 27P(9位) 3着13P 5着9P 49P
皆川麻由美 岩手 4着11P 4着11P 22P(3位) 6着7P 6着7P 36P(5位) 5着9P 9着4P 49P
増澤由貴子 JRA美浦 6着7P 8着5P 12P(7位) 7着6P 2着15P 33P(6位) 8着5P 8着5P 43P
笹木美典 北海道 9着4P 6着7P 11P(9位) 8着5P 9着4P 20P(10位) 7着6P 6着7P 33P
  • 宮下瞳は韓国遠征のため欠場。

レディースジョッキーズシリーズ2010[編集]

ラウンド 日付 競馬場
第1戦 2010年11月16日 金沢競馬場
第2戦 2010年12月1日 名古屋競馬場
第3戦 2010年12月16日 荒尾競馬場

出場騎手とポイント表[編集]

騎手名 所属 金沢ラウンド 2戦合計 名古屋ラウンド 4戦合計 荒尾ラウンド 最終合計
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦
岩永千明 荒尾 4着11P 6着7P 18P(6位) 3着13P 7着6P 37P(6位) 1着20P 1着20P 77P
池本徳子 福山 7着6P 3着13P 19P(5位) 1着20P 5着9P 48P(2位) 2着15P 6着7P 70P
皆川麻由美 岩手 3着13P 8着5P 18P(6位) 5着9P 1着20P 47P(3位) 3着13P 5着9P 69P
別府真衣 高知 1着20P 2着15P 35P(1位) 2着15P 6着7P 57P(1位) 7着6P 9着4P 67P
平山真希 浦和 2着15P 5着9P 24P(3位) 6着7P 2着15P 46P(4位) 8着5P 2着15P 66P
山本茜 愛知 5着9P 4着11P 20P(4位) 4着11P 3着13P 44P(5位) 4着11P 8着5P 60P
笹木美典 北海道 6着7P 1着20P 27P(2位) 9着4P 9着4P 35P(7位) 5着9P 7着6P 50P
宮下瞳 愛知 9着4P 9着4P 8P(9位) 8着5P 4着11P 24P(8位) 6着7P 4着11P 42P
増澤由貴子 JRA 8着5P 7着6P 11P(8位) 7着6P 8着5P 22P(9位) 9着4P 3着13P 39P
  • 森井美香は落馬負傷のため欠場。

レディースジョッキーズシリーズ2011[編集]

ラウンド 日付 競馬場
第1戦 2011年11月14日 盛岡競馬場
第2戦 2011年12月1日 荒尾競馬場
第3戦 2011年12月19日 福山競馬場

出場騎手とポイント表[編集]

騎手名 所属 盛岡ラウンド 2戦合計 荒尾ラウンド 4戦合計 福山ラウンド 最終合計
第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦
別府真衣 高知 4着7P 2着15P 22P(4位) 6着3P 1着20P 45P(3位) 5着5P 2着15P 65P
山本茜 愛知 1着20P 6着3P 23P(3位) 3着10P 3着10P 43P(4位) 2着15P 4着7P 65P
増澤由貴子 JRA 2着15P 3着10P 25P(2位) 1着20P 5着5P 50P(1位) 6着3P 3着10P 63P
岩永千明 荒尾 5着5P 1着20P 25P(1位) 4着7P 2着15P 47P(2位) 4着7P 5着5P 59P
下村瑠衣 北海道 6着3P 4着7P 10P(6位) 5着5P 6着3P 18P(6位) 1着20P 1着20P 58P
皆川麻由美 岩手 3着10P 5着5P 15P(5位) 2着15P 4着7P 37P(5位) 3着10P 6着3P 50P
  • 最終成績で別府真衣と山本茜が同点となったが最終レースの先着者を上位とするため、別府が優勝。

脚注[編集]

[ヘルプ]