レパード玉熊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
レパード玉熊
Leopardtamakuma.jpg
基本情報
本名 玉熊 幸人
階級 フライ級
身長 173cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1964-01-25) 1964年1月25日(56歳)
出身地 青森県青森市
スタイル 左ファイター
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 27
KO勝ち 13
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

レパード 玉熊(レパード たまくま、1964年1月25日 - )は、日本の元プロボクサー。元WBA世界フライ級王者。東京都千代田区、「レパード玉熊ジム」会長。

人物[編集]

青森県出身。本名は玉熊 幸人(たまくま ゆきひと)。

左ファイター。法政大学ボクシング部、国際ボクシングスポーツジム出身。

日本王座を獲得した試合では、ボディを打たれるたびにわざと苦しそうに唸り、相手の意識をボディに集中させるなど、頭脳的なボクサーである。

試合の入場曲は、フィル・コリンズの「something happened on the way to heaven」。これがきっかけで、ボクシング番組「ダイナミックグローブ」のテーマソングにもなる。

柔道家でロス五輪およびソウル五輪金メダリストの斉藤仁ならびに元レスリング選手でロス五輪銀メダリストの赤石光生とは親族関係である。また、母方の父は秋田県鹿角市の元市議会議長を務めた阿部佐太郎であり、栄典の旭日小綬章。

同郷である畑山隆則はボクシングを目指したきっかけとして、レパード玉熊を挙げている。

来歴[編集]

青森県立青森商業高等学校[1]、当初体操部に入部しようと部室を訪れたが誰も居らず、隣のボクシング部から声を掛けられ入部。当初は右のオーソドックススタイルだったが、1年の秋監督のアドバイスにより、サウスポーに転向。2年の春季大会では、県モスキート級チャンピオンとなり頭角を現す。3年時はインターハイライトフライ級準優勝。

高校卒業後、1982年2月22日、受験番号1332にて法政大学経営学部第一部経営学科(東京都千代田区富士見2-17-1)に合格。同大学でもボクシング部に入部したが、同級生の不祥事でボクシング部が休部したこともあり、1年で中退。40戦33勝(2KO)7敗のアマチュア実績と才能を高校・大学の先輩でもある高橋美徳会長に認められ国際ジムに入門。

1983年5月、本名「玉熊幸人」としてプロデビュー。同年12月、東日本ジュニアフライ級(現・ライトフライ級)新人王、続く1984年2月には全日本同級新人王となった。その後、リングネームを「レパード玉熊」に改名(リングネームの「レパード」は英語で「豹」を意味する)。

1987年2月26日、20戦目で日本王座初挑戦。西川浩二を10回判定に降し、日本フライ級王座獲得。その後、4度の防衛に成功し、1988年9月に王座返上。

1989年3月5日、世界初挑戦。故郷・青森WBC世界フライ級王者・金容江韓国)に挑み、12回判定負けで世界王座奪取ならず。

金戦後3試合(いずれもKO勝ち)を戦い、1990年7月29日茨城県水戸市民体育館において世界再挑戦。WBA世界フライ級1位の指名挑戦者として同級王者・李烈雨(韓国)に挑む。10回、これまでダウン経験のない王者から2度のダウンを奪い、レフェリーストップによるTKO勝ち(正式タイムは10R2分21秒)。31戦目にして世界王者となった(青森県出身ボクサーとしては初)。12月6日には故郷で初防衛戦。元王者ヘスス・ロハスベネズエラ)と対戦し、フルラウンドの死闘の末、引き分け1-0で辛くも防衛成功。 この時の平均視聴率は19.2%であり、高視聴率を記録した。(日本テレビ)

1991年3月14日、2度目の防衛戦。エルビス・アルバレスコロンビア)と対戦するが、12回判定負けで王座陥落。試合後、左眼網膜剥離が判明し、結局この試合を最後に引退した。

引退後、トレーナーとして国際ジムに留まり、小林昭司(後のWBA世界スーパーフライ級王者セレス小林)、松浦広平(後の日本スーパーフライ級王者プロスパー松浦)等を指導。

1995年11月に東京都千代田区九段に「レパード玉熊ジム」を開設。同ジム所属の小林秀一国立大学卒業選手初の日本王者となった。また、後に女子世界王者となる小関桃もアマチュア時代に指導した。

ジムで後進の指導に当たる一方、現在は輪島功一渡嘉敷勝男飯田覚士戸高秀樹等の元世界王者仲間とともに、袴田事件の再審を求める要請書を最高裁判所に提出。元プロボクサーの死刑囚袴田巌の無罪獲得のため活動を続けている。

また、テレビ、ラジオ、映画など多方面にて活躍している。

VS金容江~疑惑の判定~[編集]

この試合はボクシング史上、過去の世界タイトルマッチにおいて、最も「疑惑の判定」になった試合と言われている。試合後、金容江陣営は諦めきった表情だった。逆に玉熊は「自分では勝った」と思っていたという。結果的には金容江が判定勝ちとなる。当該試合では玉熊はダウンもダメージもないにもかかわらず、序盤に10対8を2度もつけた審判員がおり、JBCサイドに注意を受けていた。しかし、判定は覆ることはなかった。

VS李烈雨[編集]

「金容江に負けたような奴に、どうしたら俺が負けるっていうんだい?序盤にKOで俺が勝つ!」

これは、日本人キラーの異名を持つ、ヘスス・ロハスに勝ち、Jrフライ級に続き、フライ級の世界王座も手にした李烈雨が、 初防衛戦に日本のレパード玉熊の挑戦を受ける事が決っての、インタビューでのコメントである。 1989年11月25日、李烈雨はWBCのジュニア・フライ級王座、金容江はWBCフライ級王座を、それぞれ追われた者同士によるサバイバル・マッチが行なわれ、李烈雨が勝利した。李烈雨にとってみれば、「俺が負かした相手に負けた奴が、俺に勝てるわけないだろ」ということであった。しかし、いざ、挑戦すると、今まで一度も倒れた事のなかった李烈雨が、レパード玉熊のショート連打をしこたま浴び、 リングの底へと沈んで行った。

勇利アルバチャコフとの引退試合[編集]

1991年11月12日、後楽園ホールにて勇利アルバチャコフとの引退試合を行った。その後の引退式ではこれまでの功績を10ゴングで称えられた。実況の船越雅史が「これからはどんな方向で考えていますか?」と問われた際、「自分にあった選手を育てていきたい」と玉熊は将来の抱負を語った。

飲食店等[編集]

レパード玉熊の両親はかつて青森市内に3店舗の飲食店を経営

  • 玉熊惣菜店(1970年代~2003年頃まで青森市浪館通りに存在していた飲食店) 
  • 玉熊商品店(1970年代~1980年代後半まで青森市篠田に存在していた飲食店)
  • 玉熊漬物店(1960~70年代、青森市の松木屋に存在していた飲食店)

レパード玉熊の親戚が経営する店

  • フードショップたま(青森県青森市蛍沢1丁目27)現在も経営
  • 玉光湯(2013年10月31日まで経営していた公衆浴場)
  • 玉熊商店(かつて世田谷区代沢2丁目に存在していたスーパーマーケット)

育成選手[編集]

YouTube[編集]

映画[編集]

  • 『タナトス』 (2011年、城定秀夫監督)特別出演

テレビ[編集]

  • 『レパード玉熊 「栄光の奇跡」』日本テレビ
  • 『欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト全日本仮装大賞』日本テレビ
  • 『24時間テレビ愛は地球を救う』日本テレビ
  • 『ズームイン!!朝!』日本テレビ
  • 『ラスタとんねるず'94』フジテレビ
  • 『オールスター家族対抗歌合戦』フジテレビ ※優勝
  • 『徹子の部屋』テレビ朝日
  • 『じゅん散歩』テレビ朝日
  • 『A-Studio』TBSテレビ
  • 『出没!アド街ック天国』テレビ東京
  • 『チマタの噺』テレビ東京
  • 『あなたが主役 50ボイス』NHK
  • 『忘れがたき日本人チャンピオン達』NHK

漫画[編集]

  • 『天上天下唯我独尊』もりやまつる (コラム)特別付録 レパード玉熊 ボクシングの極意
  • 『BOXER』岡村篤

報道・インタビュー[編集]

主な功績[編集]

  • 秋期大会 ライトフライ級 優勝(1980年, 日独親善友の会会長 清藤勇也贈呈)
  • 東西高等学校対抗戦 優勝(1981年、一般社団法人日本ボクシング連盟)
  • 全国高等学校選手権大会 第2位(1981年)
  • 第34回 青森県高校総体 ライトフライ級 優勝(1981年6月15日)
  • 青森県高校ボクシング選手権大会 ライトフライ級 優勝
  • 青森県高体連 高体連賞(1982年)
  • 第35回東北高等学校ボクシング新人大会 優勝
  • 財団法人青森県体育協会 優秀選手賞
  • 1987年5月 敢闘賞(日本ボクシングリングサイドクラブ)
  • 1987年7月 月間MVP(ボクシングマガジン贈呈)
  • 1987年7月 月間最優秀選手賞(日本ボクシングリングサイドクラブ)
  • 1987年9月 月間MVP(ボクシングマガジン贈呈)
  • 1987年9月 敢闘賞(日本ボクシングリングサイドクラブ)
  • 全日本ライトフライ級新人王
  • A級トーナメントフライ級 優勝
  • 第一回A級賞金トーナメント優勝 雑草賞(全日本ボクシング協会, 元世界Jライト級チャンピオン 小林弘贈呈)
  • ダイヤモンドグローブ賞金トーナメントフライ級 勝利者賞(フジテレビジョン贈呈)
  • 第33代日本フライ級王座(1987 - 1988年)
  • 日本フライ級タイトルマッチ勝利者賞(1988年, 株式会社学生援護会贈呈)
  • WBA世界フライ級王座
  • 青森県青森市 市民栄誉賞(1990年8月7日)[2]
  • 東京都荒川区 荒川区民栄誉賞(1990年8月31日, 東京都荒川区)[3]
  • 年間表彰選手 1990年 最優秀選手賞
  • 報知プロスポーツ大賞 1990年
  • 財団法人日本プロスポーツ協会 第23回日本プロスポーツ特別賞(1990年)
  • 第43回 東奥賞(1990年, 東奥日報社)
  • 青森県知事 褒章(1990年, 青森県より銀杯授与)
  • 東京スポーツ新聞社 プロボクシング表彰特別賞(1991年)
  • 元世界フライ級チャンピオンレパード玉熊 特別賞(1991年, 全日本ボクシング協会会長、原田政彦/ファイティング原田贈呈)

戦績[編集]

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1983年5月21日 勝利 4R 判定 三沢拓人 日本の旗 日本 デビュー戦
2 1983年7月8日 勝利 4R 判定 関猛 日本の旗 日本 -
3 1983年9月27日 勝利 4R 判定 大胡幸喜 日本の旗 日本 -
4 1983年11月10日 勝利 4R 判定 横沢健二 日本の旗 日本 -
5 1983年12月17日 勝利 6R 判定 渡真利誠司 日本の旗 日本 全日本新人王獲得
6 1984年2月22日 勝利 6R 判定 小山和久 日本の旗 日本 -
7 1984年5月3日 敗北 8R 判定 正木高浩 日本の旗 日本 -
8 1984年7月30日 勝利 6R KO 谷内均 日本の旗 日本 -
9 1984年10月12日 勝利 7R 判定 吉元勝 日本の旗 日本 -
10 1984年12月17日 敗北 10R KO 喜友名朝博 日本の旗 日本 -
11 1985年3月28日 敗北 8R 判定 横沢健二 日本の旗 日本 -
12 1985年6月18日 勝利 7R KO 角田豊 日本の旗 日本 -
13 1985年8月22日 勝利 8R 判定 中村欣也 日本の旗 日本 -
14 1985年10月27日 勝利 4R TKO 松本友男 日本の旗 日本 -
15 1986年2月27日 勝利 10R 判定 船木一良 日本の旗 日本 -
16 1986年5月22日 勝利 3R KO 高橋正之 日本の旗 日本 -
17 1986年7月23日 勝利 6R 判定 中島俊一 日本の旗 日本 -
18 1986年9月25日 勝利 8R 判定 名嘉間堅徳 日本の旗 日本 -
19 1986年11月27日 勝利 7R KO 田中正人 日本の旗 日本 -
20 1987年2月26日 勝利 10R 判定 西川浩二 日本の旗 日本 日本フライ級タイトル獲得
21 1987年5月28日 勝利 10R 判定 西川浩二 日本の旗 日本 防衛1
22 1987年7月20日 勝利 4R KO ペッチチャイナート・ドーンチェディー タイ王国の旗 タイ -
23 1987年9月21日 勝利 7R KO 松島鉄美 日本の旗 日本 防衛2
24 1987年11月30日 勝利 7R TKO エリセール・バウチスタ フィリピンの旗 フィリピン -
25 1988年2月25日 勝利 10R 判定 松島鉄美 日本の旗 日本 防衛3
26 1988年6月5日 勝利 4R KO 徳島尚 日本の旗 日本 防衛4
27 1989年3月5日 敗北 12R 判定 金容江 大韓民国の旗 韓国 WBC世界フライ級王座挑戦
28 1989年7月8日 勝利 3R KO ポーンモンコル・チョビクル タイ王国の旗 タイ -
29 1989年11月11日 勝利 3R KO レックス・ラピソ フィリピンの旗 フィリピン -
30 1990年5月10日 勝利 10R KO フラッシュ・コロニア フィリピンの旗 フィリピン -
31 1990年7月29日 勝利 10R TKO 李烈雨 大韓民国の旗 韓国 WBA世界フライ級王座獲得
32 1990年12月26日 12R 判定 ヘスス・ロハス ベネズエラの旗 ベネズエラ 防衛1
33 1991年3月14日 敗北 12R 判定 エルビス・アルバレス  コロンビア 王座陥落
テンプレート

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

前王者
西川浩二
第33代日本フライ級王者

1987年2月26日 - 1988年9月5日

次王者
大鵬健文
前王者
李烈雨
WBA世界フライ級王者

1990年7月29日 - 1991年3月14日

次王者
エルビス・アルバレス