レベッカ・ナース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レベッカ・ナース
生誕 レベッカ・タウン
1621年2月21日
グレート・ヤーマス
死没 (1621-02-21) 1621年2月21日(-72歳没)
マサチューセッツ湾直轄植民地ダンバース
死因 絞首刑
国籍 イングランド人
職業 主婦
著名な実績 セイラム魔女裁判において魔術を使ったとされた被告
配偶者
  • フランシス・ナース
子供
  • レベッカ
  • サラ
  • ジョン
  • サミュエル
  • メアリー
  • エリザベス
  • フランシス
  • ベンジャミン
  • ウィリアム・タウン(父親)
  • ジョアンナ・ブレッシング(母親)
親戚
(姉妹)
レベッカ・ナースの魔女裁判

レベッカ・タウン・ナース: Rebecca Towne NurseまたはNourse、1621年2月21日 - 1692年7月19日)は、1692年のセイラム魔女裁判中、ニューイングランドのマサチューセッツ湾直轄植民地政府によって魔術を使った疑いで処刑された人物。彼女はフランシス・ナースの妻で、数人の子供や孫から、そして地域社会の一員として尊敬されていた。

彼女には信憑性のある証拠はなかったが、彼女は有罪判決を受け、1692年7月19日に魔女として絞首刑となった。これは、マサチューセッツ湾直轄植民地の占領後、植民地内にサタンが存在すると考えられていた魔術ヒステリーの時期に発生した。

彼女の結婚した姉妹メアリー・イースティサラ・クロイス英語版も魔女として告発された。メアリーは有罪判決を受け、処刑されたが、サラは生き残った。

レベッカ・ナースを最初に魔女と名指ししたのはアビゲイル・ウィリアムズだった[1]

参考文献[編集]

  1. ^ アレン・ワインスタイン『ビジュアル・ヒストリー アメリカ―植民地時代から覇権国家の未来まで』p.68。