レミントンM870

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レミントンM870
MarineMag1.jpg
Remington Model 870
概要
種類 ショットガン
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 レミントン・アームズ
性能
銃身長 457-762mm
使用弾薬 12ゲージ
16ゲージ
20ゲージ
28ゲージ
410 bore
装弾数 4-8発 内蔵マガジン
作動方式 ポンプアクション
全長 946-1,245mm
重量 3.2-3.6kg
テンプレートを表示

レミントンM870(Remington Model 870)は、アメリカレミントン・アームズ社がM31の後継として開発したポンプアクション散弾銃である。

特徴[編集]

レミントンM870は、1960年代中期に開発され、1980年代からは民間での狩猟用としてだけではなく警察用としても採用されているショットガンであり、安定した性能と信頼性の高さが評価されている。現在はモスバーグM500イサカM37ウィンチェスターM1300などと並び、ポンプアクション式ショットガンの定番として幅広い用途で使われ続けている。

削り出しのスチール製のレシーバー等、レミントン社の製品らしく堅牢な構造で耐久性が高いため、各国の警察や軍隊でも戦闘用だけでなくバードパトロール用などとしても広く採用されている。日本では陸上自衛隊特殊作戦群警察の刑事部特殊班、海上保安庁特別警備隊などで使用されている。民間でも狩猟用として多く使われており、日本国内でも流通している。

バリエーション[編集]

開発当時から根本的なユニットや作動システム等に大きな変化はないが、圧倒的な数のバリエーション、オプションパーツの多さによる拡張性の高さが本銃の最大の特徴である。

M870 ウイングマスター
前述の削り出しのスチールボディーに加え、ストック、フォアグリップはウォールナット製。銃身は上面に放熱用のベンチレーテッドリブが備わったものも存在し、交換も可能。
M870 エクスプレス
ウイングマスターの廉価版モデルで、各部素材や製法をダウングレードする事で、価格を半分程に抑えている。
M870 ブリーチャー
ショルダーストックをオミットしたピストルグリップ、短銃身を備えたドアブリーチ用のタクティカルモデル。
M870 マリーンマグナム
海上保安庁の特別警備隊等で運用されている特別モデルで、潮風の影響が強い海上や湾岸で常用出来る様にボディーの素材は錆に強いクロームステンレス製となっている。
M870 MCS(Modular Combat Shotgun)
米軍の要求の下、開発されたモデル。レシーバートップにピカティニーレールを搭載し、グリップはピストルグリップ、もしくはショルダーストックと一体型。グリップと一体のショルダーストックは固定型、伸縮型、短型が、銃身も10インチ、14インチ、18インチ、いずれかに交換可能なモジュラーシステムとなっており、仕様は通常の銃身、ショルダーストック、グリップを備えた標準のライフルとしての使用の他に、短銃身、ピストルグリップを備えたドアブリーチ用としての使用、ストック、グリップレスのアンダーバレルショットガンとしての仕様。陸上自衛隊の特殊作戦群でも採用されている。

しかし、これらは数多のモデルの中の一部に過ぎず、他にも多くのバリエーションモデルが存在している。

M870をベースにM887などの発展型も存在する。1980年代にナイツアーマメント社がM870からグリップとストックを取り除き短銃身化した前述のMCSのアンダーバレル仕様のものと同様の「マスターキー」(万能の鍵、いかなる錠前も破壊して開けることができるという意味)と呼ばれるアンダーバレルショットガンを開発した。M203 グレネードランチャーのようにM4カービン系のバレルガード下に装着できる。マスターキーはピストルグリップとストックとサイトを装着して単体でも使用できる。

画像[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]